このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

尖閣は寄付だけで買えそうな勢いだね

東京都が尖閣諸島の買取の意向を示しています。
それに合わせる形で、購入資金の寄付も求めています。

日本人はこの手の寄付に関心が無いといわれています。
ですから、どの程度の寄付が集まるのか、強い興味を持っていました。

ところで、現段階でどの程度の寄付が集まっているのかを調べるのは、実は簡単です。
東京都のホームページを見ると、寄付の件数と総額が公表されています。

ちなみに、このデータは、1日1回更新されるようです。

それによると、これを書いている時点では、約4億7,000万円の寄付が集まっているそうです。1

毎日の数字を見ていると、順調に伸びているようです。
ということは、もう少し増えそうな感じですね。

さらに石原都知事によると、これとは別に1億円の寄付の申し出があるそうです。
つまり、現時点で6億円程度の購入原資があり、もう少し増える見込みである事がわかります。

ある報道によると、尖閣の売値は10億円から15億円になる見込みなのだそうです。
このまま行けば、寄付だけで購入する事も可能になるかもしれませんね。

ここから都の要人が寄付を呼びかけていけば、寄付はさらに増えるでしょうし。

そうなると一部のマスコミは、尖閣購入の反対が言いにくくなりそうです。
都民の税金を使うのがけしからんと言うのが、東京都の尖閣購入に対する彼らの主張の大きな柱ですから。

寄付で購入可能となると、中国を刺激してはいけないというくらいしか、主張できなくなります。
そうなったら、主張としてはかなり弱いものと言っていいでしょう。

隣国に気兼ねをして、国内の自由な商取引を規制しろと言っているだけですからね。

今後、朝日新聞とか毎日新聞は、どういう主張を展開するのでしょうか。
興味深く観察したいと思います。

  1. 東京都尖閣諸島寄附金について []

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。