このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

パラサイト中年はリアリティのある問題になってきたよね

最近、パラサイト中年という言葉が使われているようです。1
どんな人を指すのかと言うと、未婚のまま中年になっても親と同居する人たちのことを言うようです。

以前、パラサイトシングルという言葉がありました。
パラサイトシングルと言うのは、学校を卒業しても親と同居し続ける人たちのことを指しています。

その人たちが、中年になったということのようです。

まあ、経済的な合理性だけを考えれば、パラサイト中年というのは理にかなっています。
仮に結婚しないのであれば、親と同居するほうが安上がりですからね。

生活費を入れるにしても、独りで暮らすよりはコストはかかりません。
家事の負担も、親と暮らすほうが小さいでしょうし。

日本の経済が良くない上に、未婚の割合が増えれば、当然の現象と言えるのかもしれません。

もちろん、未婚が増えること自体は問題です。
それに個人的には、いい年の大人が親元にいるのは、ちょっとどうかと思いますけどね。

親に経済的に依存するケースは大問題

上に書いたとおり、親元を離れないのが、必ずしも悪い事だとは思いません。
経済的には合理的ですからね。

でも、親元を離れたくても離れられないと言う事になると、話は別なのかもしれません。
自活できないために、仕方なく親元にとどまっているというケースもありそうです。

中高年の親と言う事は、当然、年金で生活している可能性が高いでしょう。
つまり、こういう人たちは、親の年金で暮らしているということです。

引きこもりやニートの状態のまま中年になったら、こういうことは十分に起こり得るでしょう。
あるいは、働いていても、正規雇用の場合などは、こういうことが起こりがちでしょうし。

でも、親の年金に頼るのって、全く先が見えない状態だと言ってもいいですよね。

親もずっと生きているわけではありません。
親がなくなれば、年金もなくなります。

ということは、一部のパラサイト中年達は、将来暮らしていくすべを持っていないと言う事です。

こういう人たちの一部は、最終的には生活保護の世話になる人もいるのでしょう。
でも、それって、私達の税金でその人たちを養うって事ですよね。

生活保護を否定するわけではありませんが、何か矛盾を感じます。


  1. パラサイト中年:「自立の余裕なく」 頼りは親の年金
    http://mainichi.jp/select/news/20120502k0000e040202000c2.html []

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格を取る必要は無いと思いますけどね。

率直に言って、これだけで十分とは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。