このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

この手の返金って行列が出来るのは興味深い

野球のDeNA が少し変わったチケットを販売したそうです。
試合内容に満足しなかった場合、返金を求める事ができると言うチケッです。

ちなみに返金額は、客の側が決定できるのだとか。
一部返金を求める事もできると言う事ですね。

このチケットは、もちろん、全席を対象にしたわけではありません。
一部の座席のみです。

具体的に言うと、1枚4,000円のチケットが1日50席ということです。
全席で全額返金を求められたとしても、20万円のマイナスにしかなりません。

そう考えると、どんなケースでも経営上は大きな影響は無さそうですね。
というか、50席しか設けなかったことから、DeNA の自信のなさが伝わってきます。

大敗して全額返金を求める人が多いことを、あらかじめ予想していたような気がします。

ちなみに、5月1日の試合では、ヤクルトに対して0対7で大敗したようです。
その結果、「横浜スタジアム通路にはチケットの返金を求める観客の列ができていた」のだとか。

たった50席の返金で列ができたと言う事は、かなりの割合で返金を求めているのでしょう。1

スポーツの場合は返金を求めるんだね

個人的には、この現象はちょっと面白いと思いました。
なぜかと言うと、この手の返金制度は、仕組みがあっても利用しない人が多いそうだからです。

例えば、使ってみて満足しなかった場合全額返金しますと言うような商品があったとします。
こういう商品の場合、ほとんど返金の請求はないのです。

今回のケースでは、普通の商品とは違う部分はあるのでしょうけどね。
例えば、普通の商品購入に比べれば客が興奮しているはずですし、返金窓口も近くにありますし。

それでも、ちょっと興味深い現象だと思います。

  1. 中畑DeNA屈辱のチケット返金続出 []

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。