このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

ボブソンが厳しかったのはある意味必然かもね

ジーンズのボブソンが再建を断念したのだそうです。1

というか、昨年倒産していたのですね。
知りませんでした。

あまりニュースにならなかったのかな?

ちなみに記事によると、負債は約11億円ということです。
正直に言って、それなりに知名度のある企業の負債としては、大した額ではないように思います。

この程度の借金でも、倒産してしまうのですね。
まあアパレル関係は、そんなに規模が大きくはないのでしょうけど。

この倒産は必然な気もするなあ

ところで、今回の倒産は、ある程度必然なのかもしれません。

ボブソンの業界での位置づけは、リーバイスやエドウィンより少し安い価格帯ということだったようです。
これは、ユニクロなどが登場するまでは、それなりに機能した戦略でしょう。

以前の低価格ジーンズは、品質がそれほど良くはありませんでした。
安いだけでは売れませんからね。

それなりの品質で、価格面でも高すぎないレベルと言う事で、ボブソンを選ぶ人は一定数いたはずです。

ですから、逆に言うと、ユニクロのようなファストファッションが売上をのばせば、ボブソンが厳しくなるのは当然です。
おそらく一番影響を受けたのでしょう。

11億円程度の負債で、再建を断念したのは、将来展望が見えなかったことが大きいのではないかと思います。

  1. ボブソンが再生断念=激安ジーンズに勝てず []

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。