このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

東京スカイツリーの料金設定は強気だ│ そしてちょっとカチンときた

時事通信の調査で、東京スカイツリーに上ってみたい人が約7割いることがわりました。
その一方で、料金設定が高いと感じている人も多いのだそうです。1

記事の中では、具体的な料金設定が書かれていませんでした。
そこで、実際にはいくらかかるのか、チェックしてみる事にしました。

その結果、次のような料金体系であることがわかりました。
どちらも、大人の価格です。

天望デッキまで:2,000円
天望回廊まで:さらに1,000円

2人で行ったら6,000円かあ。
家族で行くと1万円コースですね。

横浜のランドマークタワーの展望フロアの入場料金が大人1,000円らしいので、その高さが良くわかります。
新名所ということで、強気の価格設定をしているようですね。

まあ、このくらいの価格設定にしても、行きたがる人はいるのでしょう。
新し物好きの人や、高いところが好きな人は、一定数いるはずです。

それに、値段が高いと言っても、一回居酒屋に行くくらいの料金です。
興味がある人なら、行ってみたいと思うでしょう。

そんなに頻繁に行く場所でもないでしょうしね。

予約をした方が高いなんて、そんな馬鹿な

実は、価格以上に驚いた事があります。
東京スカイツリーの料金は、事前予約をした方が高くなるというのです。

上の図からわかるように、事前予約した場合500円料金が高くなります。

一応、確実に展望台に入れるというのはメリットみたいですけどね。
当日券を販売しない事もあると書いているので。

でも、ホームページの説明を見る限り、予約してあってもすんなりは入れるということでもなさそうです。
正直、そんなにメリットがある感じはしません。

なんだか客の足元を見ている感じがして、ちょっと印象悪いですね。
こういう売り方は嫌いです。

稼げるうちに稼いでしまおうというはらなのでしょうか?

  1. スカイツリー「のぼりたい」が7割=料金は「高い」-時事世論調査 []

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格を取る必要は無いと思いますけどね。

率直に言って、これだけで十分とは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。