このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

新卒採用のときの会社選びってわからないものだね│ 過去のエクセレントカンパニーは、今もエクセレントカンパニーか?

ソニーが1万人のリストラをするのだそうです。1

まあ、現在の状況を考えれば、ある程度は仕方がないでしょうね。
ここ最近、ソニー関連でいいニュースを聞いたことがありません。

テレビ関連では、ソニーだけでなく、日本勢は苦戦を強いられているようです。
特に地デジ効果もなくなり、国内は悲惨な状況です。

音楽再生プレーヤーでも、世界的に見ればかなり厳しい状況でしょう。
日本国内では、それなりにがんばっているようですけど。

ちなみに、ここ数年の苦境は株価を見ると一発でわかります。
10年間の株価のチャートを見ると、株価が3分の1にまで落ち込んでいるのです。

sonyの株価チャート

ところでソニーの人員削減は、ここ数年で2回目です。
ソニーは、数年前にも1万6,000人規模のリストラを行っているのです。

前回はリーマンショックのときですね。

これって、経営者の無能を示しているとしか思えません。
1回目のリストラが中途半端だったか、経営再建に失敗したということでしょう。

ソニーって何で人気なの?

ところでソニーは、就職したい企業ランキングの中では、未だに上位に入っているようです。

少なくとも、昨年度のデータでは、かなり上位でした。
例えば、日経新聞による昨年のデータだと、製造業ではトップみたいですね。2

ただ、昨年までのソニーが経営的によかったかというと、全くそういうことはありません。
上に示したように、株価を見れば一目瞭然です。

また、財務諸表を見ても、ここ数年の酷さがわかります。

これを書いている時点では、2011年度の決算が発表されていません。
ただ、2010年度以前の財務諸表を見ても、かなり悪い状態です。

巨額というほどではありませんが、毎年当期利益で赤字を出しています。
そして、売上高も減っています。3

減収減益という、最悪のパターンです。

こんな会社に入りたい学生が、少なくとも昨年度までは、たくさんいたんですね。
正直、先々の事を考えると、ランキング上位に入るほどのいい企業だとはとても思えません。

学生はソニーに何かを期待していたのでしょうか。
あるいは、財務諸表の読み方を、ぜんぜんわかっていないのでしょうか。

昔のソニーだったらわかるんだけどね

確かに、ソニーは昔すばらしい会社でした。
先進的な商品を作り、自ら市場を創造していました。

その時期のソニーなら、学生に人気があるのはわかります。
でも、今のソニーにそんな魅力はあるのでしょうか?

少なくとも株式市場には、見放されていると言っていい状況です。
例えば株価をいると、PBRで0.6倍程度にまで下がってきています。

PBRで0.6倍というのは、ハイテク企業では以前は考えられない低さでした。
マーケットは、ソニーの状況が酷いと認識しているのです。

そんな状況下で、学生は何を見てソニーに魅力を感じていたのでしょうか?
過去にすばらしかった企業を、今でもすばらしいと錯誤しているのでしょうか?

現在の学生はソニーに入りたいのかなあ?

2011年度の決算が酷い事は、今の段階で既にわかっています。
それでも学生は、ソニーに入りたがるのでしょうか?

非常に興味があるところです。


  1. ソニー:1万人削減へ…本社、国内外で テレビ事業不振で
    http://mainichi.jp/select/news/20120410k0000m020002000c.html []
  2. http://rank.in.coocan.jp/recruit/nikkei201203_1.html []
  3. http://profile.yahoo.co.jp/consolidate/6758 []

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。