このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

電子書籍では作家と出版社の力関係が逆転か?│ でも、やっぱり日本はガラパゴスのまま

ハリー・ポッターの小説が、電子書籍化されるそうです。1
もちろん、英語圏の話ですけど。

電子化自体はそれほど驚く事ではないでしょう。
大ヒットシリーズが電子化されるというのは、きわめて自然なことです。

ただ今回の電子化は、これまでのものとは大きく違う点があります。
作者のJ.K.ローリング自身のサイトから、直販する形になるのです。

これまでの電子書籍は、アマゾンやアップルなどが仲介する形で販売されてきました。
作者としては、売上に対して印税が入ってきます。

ようするに作者にとっては、紙の出版物の場合と同じ構造だったと言っていいでしょう。
それが、今回の販売では大きく崩れました。

出版に関して、作者が主導権を握る事が可能になったのです。

電子書籍を一冊作るのに、どの程度のコストが掛かるのかは知りません。
それでも、そんなにべらぼうなコストが掛かるということは、考えにくいでしょう。

もともとパソコンで書いているでしょうから、既に電子化されたコンテンツはあるわけです。
そうであれば、一定のファンを持つ作家などは、自分で売るという選択をする可能性は高そうですね。

一方で、電子書籍を売る側からすると、面白くない話でしょうね。
この手の商売は、人気作家の作品が、売上のかなりの部分を占めているはずです。

それを取り上げられたら、経営的には大打撃でしょうから。

日本は全く違う状況だけどね

まあ、今回の動きも、日本には関係無さそうです。
少なくとも、すぐに何かの影響が出るわけではなさそうです。

ハリー・ポッターに関して言えば、当面、日本語版が出ることは無いそうです。

仏、伊、独、スペイン語版は近々出るそうですから、契約上の問題が何かあるのでしょうね。
あるいは、電子書籍が普及していないと判断されたのか。

少なくとも、日本語訳の書籍が出版されているのですから、電子データがどこかにあるはずです。
それでも電子書籍として流通させないのは、何か理由があるのでしょう。

まあ、自らガラパゴスなんて端末を作ってしまう国ですしね。
世界的な流れとズレがあるのはいつもの事です。

そもそも業界関係者は、電子書籍を売ることに熱心には見えません。
紙の本とほとんど値段が変わらないのですから。

当面は電子書籍の時代は着そうに無い気がします。

それでも、そのガラパゴスもほぼ絶滅しています。
日本のガラパゴス化も止まればいいのですけど。

  1. ハリポタ電子書籍化の衝撃 出版業界の常識覆す3つの理由 []

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。