このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

消費税アップは避けられなさそうだね

消費税アップに関しては、野田政権が押し切る形になりそうな気がしています。
最近の状況を、個人的に整理してみました。

毎日新聞の世論調査によると、依然6割の人が消費税に反対しているそうです。1

東日本大震災の直後には、増税やむなしという雰囲気もありました。
実際に増税するという話になると、国民の態度も変わってくるということなのでしょう。

しかし、消費税アップに関しては、ある程度流れが出来てきたようですね。
与党内での意見集約は、かなりバタバタしましたが、一応終わりつつあります。

あとは、自民と公明あたりを説得するだけです。

ここに来て、自民党幹部クラスも、消費税アップを容認するような発言をしています。2
また、消費税増税反対だった識者も、アップする事を前提として、影響を小さくするようにという発言をし始めています。3

あとは、賛成に回る条件を、どのあたりにするかでしょう。
衆院の解散に加え、何か一つ条件をつけることで、自民党は法案の賛成に回りそうです。

例えば石原幹事長は、プラスアルファの条件に小沢切りを要求しているようです。4
民主党の分裂を狙っているようですね。

まあ、自民党が消費税に賛成するというのは、規定路線だったのかもしれません。
もともと、自民党は消費税アップに積極的な人が多かったはずですからね。

強硬に反対し続けると、反対の為の反対と批判を受けかねません。

今の状況を考えれば、民主と自民とでおとしどころを探すのはそれほど難しくないように思えます。
自民党が民主から譲歩を引き出した、という体裁を整えれば、自民党は強行に反対しないでしょう。

でも、政権をとってからの民主党を見ていると、もうひと波乱ありそうな気もしてきます。
交渉ごとに関しては、びっくりするくらい下手ですからね。

  1. 本社世論調査:消費増税、反対依然6割 []
  2. 例えば、次の記事。
    「石破氏、学生居酒屋で『消費税法案に自民党の知恵を』
    産経ニュース []
  3. 消費税率引き上げ決定を前に []
  4. 「小沢切りで消費税法案に賛成も」石原幹事長 []

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。