このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

「取材拒否=かっこいい」と思っているのでしょうか?

自分の店が取材拒否であるのを強調する意義はどこにあるのでしょう?

こっけいで傲慢にしか思えないのですが。
評価する人もいるのかなあ?

川崎駅前の商業施設の中に、あるラーメン店があります。
そこの店には、デカデカと「取材拒否のあの名店」と書かれたポスターが貼られています。

自分の店は取材拒否をしていると、これでもかと強調しているわけです。

正直に言って、この店の経営者の感覚には疑問を感じます。
取材拒否をする事がかっこいいと思っているのでしょうか?

取材拒否自体は、経営者の自由です。
マスコミと接触したくなければ、勝手にしなければいいでしょう。

でも拒否した事をわざわざアピールなんてして欲しくありません。

しかも、わざわざポスターまで作って、アピールされても迷惑です。
こういう下品な感じは、気分が悪いですね。

もちろん、そのポスターを見ただけでイラッとしたので、その店に行く事はないでしょう。

意図的に反感を買うようなポスターを掲載した?

あえて好意的に考えたら、こういうポスターを出して注目を浴びようとしたのかもしれません。
その意味では、成功していますよね。

店にも入っていない私が、こうしてブログに書くくらいですから。

あるいは、「取材拒否」というキーワードを通して、職人気質というところをアピールしたかったのかもしれません。
店のつくりを外から見た感じでは、そういう意図を感じないわけではありませんでした。

でも、私個人に関しては、完全にあのポスターはマイナスです。
居丈高な感じのする店に、お金を払ってまで行きたくはありません。

レストランの価値は、味云々の前に、清潔感と居心地の良さだと思っています。
「取材拒否の店」と強調する店が、居心地がよさそうな感じは全くしません。

まあ、ああいう感じの店が好きな人もいるのでしょうけどね。

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。