このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

地球に優しくない出版業界│ 再販制度というのは、どうなのでしょうね

出版物に関しては、再販制度というのが認められています。
再販制度というのは、簡単に言うと、定価販売を小売店に対して義務付ける事ができる制度です。

これを押し付けられる事は、書店にとっては大きなマイナスです。
なぜなら、在庫があまってしまったときに、安売りをして処分する事が出来ないからです。

そこで、出版業界の場合は、返品が可能になっています。
書店でなかなか売れない書籍は、出版社に返品できるわけです。

という事は、書店は不良在庫を抱えるリスクを負わなくて済みます。
他の小売店のように、仕入れで失敗して大損を売るようなことがありません。

ですから再販制度は、書店にとっても悪くない制度といえるかもしれません。

4割返品って…無能の証だよね

さて、実はこれに関して、とんでもない事実があります。
何と、返品される本が、4割にも上るというのです。1

要するに、100冊作ったら、40冊は販売前にゴミになるわけです。

書籍というのは、確かに、売れ残りが出やすい商品なのでしょう。
個々の書店は品揃えのために、売れる可能性の小さい本でも置かざるを得ません。

それにしても4割というのは、どう考えてもメチャクチャですよね。

当然ですが、廃棄される4割分の書籍は、価格に転嫁されています。
ということは、結果的に消費者は、廃棄される4割分のお金を払っているわけです。

それに、それだけ廃棄されるのなら、地球にも優しくないですよね。

出版業界の反論

この問題に対して出版業界では、例えば次のように反論しています。

Q. 出版物は返品が多く、資源の無駄使いをしているといわれますが──?
A. 全ての返品が断裁されているわけではありません。
書籍の場合、注文等に応じて再度出荷されます。
また、特価本市場や古書ルート等で販売されるものもあります。
断裁されるものは再生紙として活用されています。2

正直、言い訳としては、ちょっと厳しい感じがします。

まず、再出荷される本や古書として販売される本の割合が書かれていないのは、説得力がないですよね。
数字が小さすぎて書けなかったと思われても仕方がありません。

それに、再生紙として使われるのなら、作ったものの4割のゴミが出ても許されるのかという問題もあるでしょう。

このページのその他の記述を見ても、必死さが伝わってきますね。
自分達の既得権は、何とかして失いたくないのでしょう。

何にしても、この既得権は暫く守られそうです。
出版はマスコミの批判の対象に成りにくいですから。

そう考えると電子書籍は合理的だ

紙の無駄という点に関しては、電子書籍が広がるば、状況は大分マシになるのではないかと思います。
まあ、時間はかかるでしょうけどね。

雑誌は意外と早いかもしれません。
でも、一般の書籍は、ある程度の移行期間があるのでしょう。

それでも、4割もゴミを出すような状況を考えたら、電子化することには意味がありそうです。
特に、持ち歩いて手軽に読めるという意味では、文庫本を読む人達は電子書籍に乗り換えやすいのかも。

ただ、価格という面では、電子書籍になってもメリットは薄いかも。
現状の価格設定を見ていると、紙の本と比べて大差がないものも多いです。

本当に、市場原理とかが嫌な業界なのでしょうね。

  1. トヨタマンが見たら驚愕する書店マン アナタは何マン? []
  2. 再販制度 | 社団法人 日本書籍出版協会 []

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。