このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

斉藤弘子が7,500万円をプレゼント 注意喚起の意味で記事にしますが、これだけ荒唐無稽だと引っかからない気も

見ず知らずの人から、7,500万円差し上げたいと言う提案が。

これだけ見え透いていると、誰も引っかからないと思うんだけど…。

斉藤弘子さんという人から、お金をプレゼントしたいと言う提案がありました。
しかも、7,500万円と言う、かなりの高額です。

ちなみに、斉藤弘子という人は、全く面識がありません。
今回の件は、いきなり携帯にメールがあったのです。

いわゆるスパムと言うやつです。

でも、これを送った人の目的は何なのでしょうか。

単なるいたずらなのでしょうか?
それとも、何かを騙し取ろうとしているのでしょうかねえ?

まあとりあえず、全文を引用してみましょう。

>斉藤弘子と申します。現在アメリカの運用会社でヘッジファンド・マネージャーをしています。
>
>hiro_70world.opal@docomo.ne.jp
>
>個人資産の一部である金銭7500万円をお受け取り頂きたくご連絡させて頂きました。唐突なお話で戸惑われるかと思いますが、冗談やイタズラ等でご連絡している訳では無い事をご理解ください。まずは簡単に事情を説明させて頂きます。
>私は現在アメリカ在住ですが日本にも、海外にもいくつかに分けて資産を保有しています。今回様々な事情が重なり、日本国内へ個人資産の還付を行いたいと考えており、個人資産調整の為7500万円程、受け取って頂きたいのです。
>もちろん7500万円全額があなた様の資産となりますので、全てお好きなようにお使い頂いてかまいません。
>お受け取りを承諾して頂けるのであれば、一度ご連絡ください↓
>hiro_70world.opal@docomo.ne.jp
>折り返し詳細をお伝えさせて頂きたいと考えております。
>
>あなた様を全面的に信頼しお話しさせて頂いております。あなた様のご負担、ご迷惑になる事は決して致しませんので、お話だけでも聞いて頂けますよう心よりお願いを申し上げます。
>斉藤弘子
>
>hiro_70world.opal@docomo.ne.jp

ちなみに、Google で「斉藤弘子 7500万」で検索すると、約3,110件も検索結果がでてきました。
どうも、かなりの数の人がブログなどに書いているようですね。

という事は、このメールを受取っている人は、かなりの数に上るのでしょうね。

それにしても、7,500万円という金額は大きすぎますよね。
ここまで大きいと、全くリアリティがありません。

さらにいうと、知らない人にお金をあげる理由がさっぱり分かりません。

私は現在アメリカ在住ですが日本にも、海外にもいくつかに分けて資産を保有しています。今回様々な事情が重なり、日本国内へ個人資産の還付を行いたいと考えており、個人資産調整の為7500万円程、受け取って頂きたいのです。

そもそも、「個人資産調整」と言うのが意味不明です。
日本でもアメリカでも、金融資産を持っているだけなら税金もかかりませんし。

「個人資産の還付」というのも、意味が不明です。
還付って、戻ってくると言う事ですもんね。

ヘッジファンドのマネージャーをしている人が、こんな基本的な用語の使い方を間違うはずはありません。

それに、こんなに要らないお金があるのなら、寄付でもすれば良い話ですよね。
世の中には、寄付を求めている団体は星の数ほどあります。

見ず知らずの他人にプレゼントするなんて、考えられない行為です。

結局何を狙っているのか、さっぱり分からないメールでした。
もしかしたら、興味本位で返信する人がいるのを狙っているのでしょうか?

それにしても、上手く行くのかなあ?

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントをどうぞ