このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

派遣社員は悲惨だと言いたいのでしょうか? でも、そんなでも無いよね

プレジデントに「『漂流ハケン社員』給料ダウン、結婚絶望、夢は……」という記事が掲載されていました。
今の派遣社員は、こんなに問題が多いよということを言いたいようです。

でも、記事を読んでいて、「あれ?」と思ってしまいました。
経済的な面だけで言えば、それほど酷くはないような気がするのです。

■ 「漂流ハケン社員」給料ダウン、結婚絶望、夢は……[前編]
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120304-00000002-president-bus_all

例えば、ひとり目に紹介されている、38歳の女性のケース。
この女性は1,800円から1,900円の時給だったのが、今1,650円に下がったと嘆いています。

およそ10%前後、時給が下がった計算ですね。

10%時給が下がるのは、確かに大変です。
でも、賃金の変動幅としては、びっくりするほど大きいとは言えません。

おそらく、月に2万円とか3万円の差でしょう。

さらに言うと、この女性は、自分で選んで派遣社員になっています。
それ以前は正規雇用だったのに、そこを辞めて派遣社員になっています。

だとしたら、自業自得とも言えますよね。
止むに止まれず派遣社員になったわけではないのですから。

もう一ついうと、転職の理由は、派遣の方が給料がかなり良いからだったそうです。
ということは、10%程度給料が下がっても、実は、最初に勤めた会社の水準に戻っただけなのかも。

結局の所、自分の選択の結果、現在のような状況に成っているわけです。
正規社員の給与も下がっているでしょうから、派遣の方がマイナスとも言い切れませんしね。

ちなみに、自給1,650円で1日8時間、1ヶ月20日間働いたとします。
そうすると、月給は26万4000円になります。

この女性が既婚なのか未婚なのかはわかりませんが、まあ、生きていくには問題の無い額ですよね。
豊かな暮らしが出来るとは言いませんけど。

嫌なら辞めるという選択肢もあるはずです

本当に派遣が嫌なのなら、仕事をやめるという選択肢だってあるはずです。
職業選択の自由は保証されているのですから、転職すればいいだけの話です。

記事では、派遣の問題点が色々書いてあります。
確かに、制度として改善すべきところもあるでしょう。

でも、派遣社員の立場から考えると、そんなに派遣が嫌なら、正社員を目指せばいい筈です。
自分でビジネスを始めたっていいはずですしね。

ちなみに、記事の最後のほうに、次のような記述があります。

「今、どうしたらいいかわからないというのが正直なところ。派遣先で中途採用の選考をしているのですが、やっぱり年齢から見ているんですよね。よくて30代前半までで、それ以降はもうだめ。そういうのを見ていると、もし私が正社員を希望しても面接にすらたどり着けないんだろうな、って思いますね」(藤田さん)

自分は正社員に成れないと勝手に思い込み、自分から可能性を捨てているだけにしか読めないんですよね。

確かに、年齢は大きな要素でしょう。
でも、それを行動しない言い訳にしているように思えてなりません。

ちょっと、被害者意識が強すぎて、嫌な感じがする記事でした。

あるいは、制度の問題点を指摘する目的だったのでしょうか?
それなら、もう少し違った書き方をした方がよかったかもしれませんね。

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。