このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

KDDIがiPadの販売に参入 われわれ消費者は素直に歓迎できそうです

KDDIがiPadの販売に参入する事を考えているそうです。
iPhoneに続き、iPadでもソフトバンクの一社提供という形が崩れるわけです。

一般的には、ソフトバンク一社が販売を独占するよりは、複数の会社で競争したほうが顧客にはメリットがあります。
競争が生まれればサービスがよくなりますし、価格も下がりますからね。

ですからこの流れは、消費者にとっては良い事といえるでしょう。
KDDIに乗り換えるかどうかは別にして、メリットがあります。

ネット情報だと、ソフトバンクに不満を持っている人も少なくないようです。
価格云々に関係なく、これを機に乗り換えたい人もいるでしょう。

■ iPad、3月にも販売=ソフトバンクに対抗-KDDI
http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2012022900471

しかし、こうした競争が生まれる事は、企業にとってはマイナスの要因になります。
一社単独で提供してれば、価格もサービス内容も比較的自由に決定できるからです。

それが崩れてしまうのは、ソフトバンクにとっては辛い事でしょう。
放っておくと独占的な状態を作りたがるから、独占禁止法なんて法律があるわけですし。

もちろん表向きは、KDDIの参入が嫌だとは言わないでしょうけどね。
競争が生まれる事は業界全体の成長にとってメリット、とか何とか言うのでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。