このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

知ったかぶりがしたいのかなあ?それとも、脊椎反射的に反応しているのかしら?

AIJ投資顧問という会社が、業務停止命令を受けたのだそうです。
なんでも、2,100億円の預かり資産を、ほとんどゼロにしたのだとか。

これは驚くべき事です。
なぜなら、よほど下手な運用をしても、これだけ減らすのは容易ではないからです。

■ AIJ投資顧問に業務停止命令へ=年金など資産2100億円、大半消失-金融庁
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2012022400132

しかも、虚偽説明をしていたという事ですから、刑事事件に発展する可能性もありそうですね。

よく分からないけど、とりあえずバッシング

どうしてこの会社が運用に失敗したのかは興味があるところですが、個人的にはもう一つ違う部分に興味があります。
それは、Yahoo!ニュースのコメント欄です。

いくつかチェックしてみたのですが、事実誤認のオンパレードでした。
どうも、ニュースの内容を理解できていないようです。

しかも、それでいて、誰かを激しくバッシングしています。
こういう人たちは、何を考えてコメントしているのでしょう?

自分の無知をさらしているだけだと思うのですけど。

例えばこんなトンチンカンな批評が

具体的には、次のようなコメントがありました。

AIJ投資顧問に決めた金融庁は連帯責任で全員減給して穴埋めろよ

AIJ投資顧問が運用していたのは、企業年金です。
ですから、金融庁は投資に関しては何も決めていません。

どうも、公的年金の運用を任せていたと勘違いしているようです。

皆が納めてる国民年金も信託銀行が運用しているらしいが相当酷い有様なんじゃないの?
大手の金融機関がトレーディング業務で軒並み損失を出している昨今、利益が出ているとは思えない。

そもそも、今回のニュースとは直接関係のない書き込みです。

年金の運用に関しては、「年金積立金管理運用独立行政法人」というところが運用しています。
そして、情報公開もされています。

ちなみに、単年ではマイナスも出ていますが、平均すればプラスになっています。
調べればすぐに分かる事を調べずに、バッシングをしているだけに見えます。

なるほど、日本の年金はこのように消えたよね。
なるほど、日本の年金はきっとAIJ等の個人資産に流れただろうね。
なるほど、日本年金の管財者らは能力も無ければ責任も監督もせずふざけるよね。
なるほど、大量な無駄と浪費支出にこの財産捨て行為の結果は大増税の口実にし、可哀想に国民ら。

この人も、企業年金と公的年金の違いを理解していないみたいです。
トンチンカンな批判です。

批判自体は悪くないけどさ

何かに対して批判的な態度を取る事自体は、決して悪いことではありません。
でも、事実関係を全く確認しないで、ぜんぜん関係ない人をバッシングするのはわけが分かりません。

自分の無能さとか未熟さを、自ら表に出しているとしか思えないのですけど。
なんとも、無責任な話だと思います。

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格を取る必要は無いと思いますけどね。

率直に言って、これだけで十分とは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。