このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

ムンクの「叫び」が競売に出品 何で今のタイミングで出てきたんだろうね?

ムンクの「叫び」がオークションに出品されました。
有名な、あの「叫び」です。

知名度という点では、世界でも有数の絵画でしょう。
日本でも、この作品をモチーフにした商品なんかもありますよね。

ちなみに、落札の予想金額は「8000万ドル(約64億円)を超える」のだそうです。
一枚の絵画でこれだけの値段がつくことは、なかなかないでしょう。

64億円というと、何に近い額でしょうねえ。
ジャンボジェット1機が100億とか200億程度みたいですけど。

もっと近いもの無いかなあ。

■ ムンクの「叫び」、競売に=米
http://www.jiji.com/jc/p_archives?rel=j7&id=20120222090604-2170525

売主に何があったでしょうか?

個人的にちょっと興味深かったのが、何でこのタイミングで競売にかけられたのかという点です。

売ったのが起業なら、理由は分かりやすいですよね。
業績が悪化して、現金が欲しくなったというところでしょう。

バブル崩壊後の日本企業では、そういう例が数多くありました。

記事によると、今回売りに出したのは実業家らしいです。
ということは、事業資金がらみで必要になったという事でしょうか?

経済状況が厳しい時期ですから、そういう可能性は否定できないですよね。

あるいは、売主の父親がムンクの友人だったという事なので、そのあたりの状況がすっきりしたのでしょうか?

下世話な話ですが、ちょっと気になります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。