このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

国内最大の損保会社誕生へ 損保ジャパンと日本興亜が合併を大筋合意

損保ジャパンと日本興亜が合併をする事で大筋合意したようですね。
2014年の4月が目処だとか。

この合併が実現すれば、国内最大の損保会社になるそうです。

2014年4月というと、あと2年ちょっとですね。
データの統合やシステムの切り替え、統合後の体制作りなどの手間を考えると、意外と短い気がします。

もっとも、損保ジャパンと日本興亜は、NKSJホールディングスという持株会社の参加にいる会社です。
持株会社の子会社2社がくっつくだけとも言えます。

その意味では、意外に対応はしやすいのかもしれません。

■ 損保ジャパンと日本興亜、合併へ…14年4月軸
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20120218-OYT1T00928.htm

基本的には同じ業種の2社が一つの持株会社にいるのは、ちょっといびつなことです。
コストを削減する事を考えれば、当然、合併は良い選択肢だったはずですよね。

まあ、それぞれの保険会社に勤める社員や、経営者にとっては嫌な決断でしょうけど。
かつてのライバル同士という、感情的な対立もあるでしょうし。

ちなみに、記事を信じるのなら、今回の合併に至ったのは、タイの洪水被害の影響が大きいようです。
震災もありましたし、保険会社にとっては厳しい年だったようですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。