このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

確定申告に関して面白いチェックリストを見つけました

現在、確定申告期間の真っ只中です。
個人事業主の中には、準備に追われている人も多いでしょう。

でも、ここで紹介する事は、毎年確定申告をする個人事業主は関係ありません。
確定申告には無縁と思われている、普通のサラリーマンの確定申告に役立つ情報をご紹介します。

一般のサラリーマンには、確定申告は関係ないと思われがちです。
源泉徴収で給料から毎月お金を抜かれ、年末調整で一部取替えしてお終いです。

会社の同僚との会話で、確定申告を話題にする事も多くは無いですよね。

ただ、サラリーマンだからと言って、確定申告とは無関係とは言えません。
実は、確定申告をした方が得だというケースも多くあるのです。

確定申告をした方がいいケースで代表的なのが、1年の途中で会社を辞めたような場合でしょう。
こういうケースでは、確定申告をする事で、所得税が戻ってくる可能性があります。

会社を辞めると所得が減るので、源泉徴収で税金を多く納めすぎていることになるからです。

このようなケースは、これ以外にも意外とたくさんあります。
でも、普通のサラリーマンには、どんなときに確定申告をしたら得なのか、よく分からない人も多いですよね。

そんな人に便利なチェックリストが、週刊朝日の2012年2月24日号に掲載されていました。
ちょっとご紹介したいと思います。

□家族が病気やけがで医療費がたくさんかかった
□出産をした
□震災関連などで寄付をした
□自然災害などで家財などに被害を受けた
□住宅ローンを組んで家を買った
□省エネ、バリアフリー、耐震改修工事などを行った
□会社を辞めた
□年金暮らしの親がいる

この要件に当てはまるからと言って、必ず税金が戻ってくるわけではありません。
実際にはさらに細かい条件を満たす必要があります。

ですから、一つでも当てはまったら、詳しく調べてみるという感じでチェックしてみましょう。
確定申告で得する可能性があるのかの、ラフなチェックリストとして使ってみてください。

ちなみに、還付は5年まで遡れるので、今年間に合わなくても慌てなくて大丈夫です。

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格を取る必要は無いと思いますけどね。

率直に言って、これだけで十分とは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。