このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

AKB48ってブランドイメージが大事なビジネスだと思うんですよね でも、管理が甘い気が…

AKB48のメンバーの母親が淫行で逮捕されたそうです。
何でも、相手は15歳の少年なのだとか。

ネットでは既にメンバーの名前も特定されているようですね。
どうも、ある程度は有名な人なのだとか。

また、淫行に至るまでの経緯も、色々な憶測が飛んでいるようです。

ちなみに、このニュースは日経新聞のネット版にも載っていました。
結構な関心事なのですね。

AKBメンバーの母親逮捕 わいせつ容疑、罰金刑すでに確定

一般論から言えば、親と子は別人格です。
親が問題を起こしたとしても、本人にはまったく罪はありません。

しかし、芸能人というのはイメージが大事な仕事だけに、全く影響無しとは行かないでしょうね。
家族の不祥事でCM降板なんていうのも、よくある話です。

AKBに関して言うと、最近では恋愛禁止に違反したという理由で、事実上の解雇もありました。
表向きは、ブランド戦略には、気を使っているようにも感じます。

リスクコントロールとして、今回はどういう対応を取るのか、興味深いところです。

嵐が過ぎるまで待つ、会見を開く、メンバーの休養又は解雇。
だいたいこの3択だと思うんですけどね。

ところで、ブランド戦略に気を使っているにもかかわらず、AKB48というのは比較的スキャンダルが多い印象もあります。
恋愛がらみのスキャンダルも多いようですし、過去には芸能関係者のオッサンを自宅に招きいれたなんて事もあったようです。

単純に人数が多いので、スキャンダルが多い印象を持つのかもしれません。
あるいは、厳しいルールを作っているものの、管理が行き届いていないのかもしれません。

所属事務所とグループを運営している主体が異なるので、どうしてもコントロールは甘くなるのでしょうか。

何にしても、リスク管理の点では上手く行っていないという印象は持っています。
ブランドイメージが大事なビジネスでしょうから、そういう部分は大事だと思うんですけどね。

今回に関しては、ブランドイメージを守るためにどんな方法をとるのでしょうか?
ちょっと興味があるところです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。