このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

増税してもプライマリーバランス回復せず 何か違和感を感じるぞ

消費税増税をした場合でも2020年度にプライマリーバランスを回復できない、という見通しを内閣府が出しました。
どうやら、消費税10%でも税率としては不足だと言いたいようです。

詳しい数字は次の記事を読んでください。

■ 基礎的財政収支:政府試算、20年度赤字 財政健全化、見通せず
http://mainichi.jp/select/biz/news/20120124ddm008020059000c.html

詳しい計算は、記事からは分かりかねます。
でも、感覚的には、違和感しか感じません。

なぜ違和感を感じるかというと、小泉内閣の終わりころには、プライマリーバランスをほぼ回復していたからです。

数年前に消費税を上げずにそこまで行けたのに、なぜ消費税を上げても回復できないのでしょう。
本当に疑問です。

もちろん、そのころと状況が全く同じとは言いません。
社会保障費は増え続けていますし、民主党政権になってから社会保障以外でも財政規模は拡大しました。

歳出が増えているのだから、歳入も増やさないと追いつかないと言う議論なのでしょう。
ただ、だとしたら、歳出を削ると言う考え方は出来ないのでしょうかねえ?

民主党政権になってから、歳出が10兆円も増えています。
その水準を自民党時代に戻すだけでも、かなり効果はあるはずです。

それをしないで、消費税を増やすって言われてもねえ。
「はい、そうですか」とは成らないでしょう。

そもそも、民主党の人たちは、財源の組み換えだけで何でもできると主張していたわけですし。
いくら何でも、筋が通らないと思うのですが。

消費税の増税自体は必ずしも反対ではありませんが、増税のタイミングとか必要性の説明の部分で疑問を持たざるを得ません。
せめて自民政権時代の予算規模に戻してから議論していただきたいのですけどね。

まあ、一度バラマキ癖がつくと、元に戻すのは難しいのでしょうけどね。

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。