このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

中国人観光客って、売上アップに貢献するのかなあ?

ファミリーマートが中国の「銀聯カード」の取り扱いを始めるのだそうです。

「銀聯カード」というのは、デビットカードの一種です。
デビットカードと言うのは、カードを使って買い物をすると、買い物代金が銀行口座から直接引かれるタイプのカードですね。

中国では非常に普及しているカードです。
「銀聯カード」を使える店が増えると、中国人観光客の利便性が上がるのはまちがいありません。

■ ファミマ、中国「銀聯カード」の取り扱い開始 訪日観光客向けに
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120116/biz12011618040014-n1.htm

ただ、個人的に疑問な点はあります。
それは、このカードの導入がファミリーマートの売上にどの程度貢献するかと言う点です。

それほど大きいメリットは無さそうに思うんですけどね。

日本国内で「銀聯カード」を使えるのは、家電量販店などが中心です。
これらの店で「銀聯カード」による決済を導入するのは納得できます。

家電製品は高額ですから、カード決済が明らかに便利でしょう。
観光客にとっても、店側にとってもプラスに働くのは間違いありません。

でも、コンビにではせいぜい千円前後の買い物に限られます。
そこでカード決済って、そんなに意味があるのかなあ。

現金で買っても、それほど不便じゃないと思うんですけどね。
正直、不思議です。

もちろん、ファミリーマートも検討を重ねて導入しているはずですけどね。
システム構築にかかる費用だけでも、バカにならないでしょうし。

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。