このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

中国での生命保険ビジネスはうまく行くのかなあ?

第一生命が中国での生命保険事業に進出するようです。
現地の電力会社と合弁会社を作るようですね。

何で電力会社と組むのかは、ちょっと謎です。
電力と生保の関連性は、いまひとつ分かりません。

電力会社なら、膨大な顧客名簿を持っていると言う事なのでしょうか?

■ 第一生命、中国市場に参入=地元企業と合弁
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201111/2011111100912

中国人と保険は相性がいいのかなあ?

ところで、中国で保険と言う分野は成長するのでしょうかねえ?

もちろん、第一生命もある程度のマーケティングを行って、将来的に採算が取れると思ってやっているのでしょうけどね。

中国と言うと、あまり知られていませんが、貯蓄率が高い国です。
そういう意味では日本と似ているのかもしれません。

そうであるのなら、意外と生命保険も受け入れられるのかもしれませんね。

営業は日本方式なのかなあ?

もう一つ気になるのが、保険の営業活動はどうするかと言う点です。
第一生命と同じなら、生保レディーをたくさん雇って人海戦術という感じですよね。

中国でも同じようなやり方をするのでしょうか?
そして、そのやり方はうまく行くのでしょうか?

ちょっと気になるところですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。