このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

FX お金に余裕がある層を取り込もうって事なのか?

FXのマネーパートナーズという会社が、岡本夏生を起用したプロモーションを行っているようです。
具体的に言うと、漫画仕立てにしてFXのいろはを解説しているようですね。

■ 「岡本夏生のガチンコFX初挑戦」 マネーパートナーズが自社HPで公開
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/111014/fnc11101418390012-n1.htm

どうやら中高年がターゲットのようです。
お金も時間も余裕がる層を狙っているという事でしょうか。

現在、FX業者は厳しい状況にあります。
FXに対する規制が徐々に厳しくなっているのです。

このままいくと、生き残れないFX業者も多いといわれています。
そういう状況ですから、今まで手付かずだった層も積極的に取り込みたいのでしょうね。

胡散臭さ満点でした

ちょっと興味があったので、早速サイトをチェックしてみました。

結論から言うと、あまりの酷さに口半開きでポカーンとしてしまいました。
こりゃ酷い。

まず、写真を切り貼りして漫画にしているのですが、このクオリティが酷い。
正直、読めたもんじゃないです。

筋立てとかコマ割りで、プロの助言をもらわなかったのかしら?
漫画として体をなしていません。

特に、ターゲットとしている中高年層が、あれを読むとは思えません。
結構なボリュームがあるみたいですし。

内容的にもかなり酷い。
例えば、FXと普通の仕事を比較しているんです。

「子育てをしながら仕事は大変だけど、FXなら可能」って…。
読んだ人が「それは素晴らしい」って感じると思っているのかしら?

FXがダメだとは言わないけど

別にFXは絶対にやめなさいと言う気はありません。
でも、メリットばかり伝えて、有利な投資のように思わせるのはちょっと問題かなあと思います。

為替の取引はゼロサムです。
長期でやれば、手数料の分だけ確実に不利なのです。

そういうものだと思って手を出すなら良いんですけどね。
何となく儲かりそうというイメージだけではじめるのは、ちょっと問題かなあと思います。

まあ、イメージに乗せられないことです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。