このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

小麦とか大豆とかとうもろこしの値段は上がるのだろうね

将来、食料品の価格は上昇していくようです。
国連食糧農業機関(FAO)が発表しています。

■ 食料価格、上昇の見通し=投資マネーで乱高下も―国連機関
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111010-00000043-jij-int

まあ、FAO に言われるまでもなく、食料価格の上昇は誰でも予想できますけどね。

今後、世界の人口が増えるのは確実です。
その一方で、耕作可能な土地を増やすのには限界がありますから。

需要と供給の関係を考えれば、値上がりするのは当然です。

まあ、権威の有る機関に改めて指摘されると、改めて思い知らされる気はします。
気になるのは、「将来」というのがどの程度の期間をさしているかなのですが、それに関しては記事の中で言及はありませんでした。

さらに、記事によると「食料価格の値上がりを招く天候不順の頻発に加え、農産品と原油などエネルギー相場との関連性が強まっている」という指摘もされています。

世界的な人口増加が最大の要因とすると、小麦とか大豆などの商品の値上がりが気になるところです。
こういうのは国際的な相場で決まるので、世界的な需要増が価格に直結しそうです。

その一方で、葉物野菜なんかは影響が小さいのでしょうね。

何にしても、数年後なのか十数年後なのかは分かりませんが、将来の暮らしに影響を与える事は間違い無さそうです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。