このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

銀行のカードローンは総量規制の対象外…つまり法の抜け穴って事か?

貸金業法の総量規制という仕組みを存知でしょうか?
年収の三分の二までしか消費者金融で借りられないという仕組みです。

例えば、年収300万円の人だったら、100万円までしか借りる事ができません。
ちなみに、これは一社だけではなくて、各社あわせた数字です。

正直に言って、貸す側にも借りる側にもかなり厳しい規制だと言っていいでしょう。

多重債務が社会問題になりましたからね。
致し方ない流れだとは思います。

この規制には抜け穴が

ところで、一見厳しそうに思える総量規制ですが、この法律には抜け穴があります。
銀行のローンはこの規制の対象から外れているのです。

最近では、カードローンと言う手法を使って、銀行が個人への無担保ローンを増やしています。
銀行のATM を使っていて、案内を見た事がある人も多いでしょう。

はっきり言って、やっていることは消費者金融などと変わりありません。
しかし、法律上は別のものとして、規制の対象から外れているのです。

Q 年収の3分の1を超える借入れの制限(総量規制)の対象となる借入れは銀行からの借り入れも含まれるのでしょうか?

A 総量規制は、貸金業者からの借入れを対象としており、銀行の貸付けは貸金業法の規制(総量規制)の対象外です。したがって、銀行等からの借入れを合わせた結果、借入残高が年収の3分の1を超えていたとしても、ただちに総量規制には抵触しません。また、銀行のカードローンも、一般の銀行等の借入れ同様、総量規制の対象とはなりません。

http://www.0570-051-051.jp/contents/faq/regulation.html

どうしてこういう法律にしたのかはいまひとつ理解できません。
ただ、結果的にこうなっているという事実は覚えておいて損は無いでしょう。

どうせ借りるなら銀行のカードローンで

ちなみに、どうせ借りるのなら、銀行のカードローンを使って借りるほうがよさそうです。
その理由は単純で、カードローンの方が金利が低い事が多いからです。

基本的に、銀行のカードローンには借入枠というのが決まっています。
その枠の範囲内なら、好きな時に好きなだけお金を借りられるようになっているのです。

そして、借入枠が大きいほうが、金利が安く設定されています。

その理由は簡単で、借入枠が大きいと言うことは、その人に信用があると言うことです。
借り手に信用があるのなら、多少金利が低くても貸したいと思うのは当然でしょう。

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。