このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

2億円ランチはどんな味がするのだろうか?

アメリカの投資化ウォーレン・バフェットとのランチをかけたオークションで、2億円を超える落札価格が付いたそうです。

■ 「バフェット氏との昼食」が過去最高額を更新、2億円超で落札
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110613-00000570-reu-int

これは、もちろん、良くある嫌がらせではなさそうです。
本気の落札みたいですね。

よく、AKB48 が「握手権付き○○」のような商品を販売してバッシングを受けています。
でも、「面会権付きランチ」で2億円に比べれば、かわいいものですね。

落札者のモチベーションはどこに?

それにしても、落札者はどういうモチベーションで落札したのでしょうか?
世界的な投資家とは言え、単なる爺さんですよね。

落札額が全額寄付されるのを知っていて、慈善目的半分で落札したのかなあ?
よく分からないです。

落札が決まってから値段を上げていますから、売名目的なのかもしれないですね。
何にしても、見栄っ張りな感じがします。

まあ、こんなくだらないことに2億円使えるのだから、相当の金持ちであることは間違いないでしょう。

ちなみに、ウォーレン・バフェットは世界有数の金持ちです。
ですから、彼にとって2億円は、さらにはした金なのでしょう。

ですから、この2億円は期前良く寄付されるそうです。

ふと思ったんだけど

ところで、ふと思ったのですが、AKB48のメンバーでこの企画をやったら、いくら位の値段が付くのでしょうか?
総選挙の投票をするために、CDを100枚単位で買う人もいると言います。

そう考えると、数十万円程度ならお金を出す人もいるかもしれません。
100万円を超える人も、中に入るかなあ。

さすがに1千万円を超えると言うのは、ちょっと考えにくいですね。
そう考えると、2億円ランチはすごいです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。