このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

37%が省エネ家電への買い替えを検討しているらしい

今後行いたい節電は「省エネ家電への買い替え」なのだそうです。
出典は、日本生命が行った意識調査です。

■ 実践したい節電方法、1位は「省エネ家電購入」
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110604-OYT1T00579.htm

ちなみに、1位とは言っても全体の37%ということです。
買い替えを考えている人は、まだ少数派みたいです。

やっぱり、自分の懐に影響がある行為は、ちょっと躊躇するのでしょうか?
あるいは、37%もの人が、お金を出してまで節電しようとしていると考えるべきか。

評価が分かれそうな数字ですね。

小売店も商機をとらえようとしている

ところで、小売店の方も消費者の節電意識を売上につなげようと考えているようです。
例えば、amazon.co.jp では「節電ストア」というのを作って、対応しています。

節電ストア 【amazon.co.jp】

取り扱っている商品は、「LED 電球」や冷暖房効果を高める「サーキュレーター」といった手軽に購入できるものが中心みたいですね。
でもそれだけではなく、省エネのテレビや冷蔵庫といった大物まで扱っています。

個人的にはサーキュレーターがおすすめで、これ一台あると設定温度が高くてもかなり涼しいです。

ちょっと揚げ足取り

最後に、読売の記事に対して、ちょっと揚げ足取りを。

「電気を使わずに涼しくなる方法」では、「窓を開けて風通しを良くする」との回答が最も多く、「簾(すだれ)やよしずを使う」という昔ながらの方法を挙げる人も多かった。

「電気を使わずに涼しくなる方法」は「昔ながらの方法」が多いとしています。
でも、電気を使わないで涼しくなろうと思えば、昔ながらじゃない方法を探すのは難しいですよね。

あえて言うと、冷えピタのようなものを使う可能性はありますけど。

わざわざ、「昔ながらの方法」なんて書く必要があるのだろうか?
なんだか、感覚が違う気が。

まあ、どうでも良いことなのですけどね。

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格を取る必要は無いと思いますけどね。

率直に言って、これだけで十分とは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。