このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

【一般家庭の節電】こんな子供だましみたいな手で効果があるのだろうか?

節電を頑張っている家庭には景品を出すことになるのだそうです。
経済産業省のアイディアのようです。

…正直に言って、このニュースを見たときに、言葉を失いました。
千円やそこらの景品で釣って、節電なんて実現できるのでしょうか?

きっと何かの冗談だと思って、詳しく読んでみましたが、結構本気で出した案のようです。

■ 節電目標達成の家庭に景品 15%削減でLEDや映画鑑賞券
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110531/trd11053111090004-n1.htm

映画チケットをもらうために節電するかなあ?

15%の節電をしようと思えば、かなりドラスティックに生活スタイルを変える必要があります。
映画チケット1枚をもらうために、そんな努力をする人がどれだけいるのでしょうか。

多分、エアコンの設定温度を2℃とか3℃上げないとだめですよね。
あと、冷蔵庫を二つ持っている家庭なら、小さい方は使わないようにするとか。

テレビもかなり時間を短くしないと、いけないでしょう。
あとなんでしょうね。

家庭の消費電力に関しては、絶対に削れない一線というのは存在します。
暑い時期のエアコンとか、冷蔵庫の使用などは、減らしたくても減らしようがないでしょう。

そして、その二つが電力を特に食っているはずです。
そもそも、電力消費を削る余地は、それほど大きくありません。

ですから、一般家庭で15%削るというのは、本当に大変な努力が要るはずなのです。
その努力を、映画チケット1枚でやれと言われてもねえ。

少なくとも、私だったら、映画チケットではつられません。

もう少しアイディアは考えられなかったのだろうか?

それにしても、こんな苦し紛れのアイディアを出したのは誰なのでしょうか?
もっと、他に、アイディアは出せなかったのかなあ?

電気代のかからない遊び方の提案とか無いのでしょうかねえ?
こんな案しか出てこないと、本気度を疑いたくなってきます。

そして、これに協力した後に待っているのが、電気料金の値上げです。
勘弁して欲しい。

余談ですが

余談ですが、ネットショップなどでは節電をビジネスにつなげようという動きが見られるようです。
例えば、amazon.co.jp では「節電ストア」なるコーナーを作っています。

商魂たくましいです。

節電ストア 【amazon.co.jp】

ちなみに、私は、そのコーナーで紹介されているサーキュレーターを買いました。
サーキュレーターというのは、空気循環用の扇風機ですね。

これを使うと、エアコンの設定温度が高めでも涼しくなります。

ZEPEAL ゼピール サーキュレーター ブラック DKS-20

興味がある人はお試しあれ。
値段も高くないですし。

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。