このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

AKB48、2日でミリオン達成 要するにビックリマンチョコと同じ仕組だね

AKB48のCD売上がすごいことになっているそうです。
2日で100万枚を超えたのだとか。

CDが売れないといわれるこの時代に、それだけ売るのはすごいことですね。
軽い皮肉も込めていますが、すごいことだとは思います。

さらにすごいのが、私がその曲を一度も聞いた事が無いということです。
日本でCDが一番売れた時代には、結構頻繁にミリオンヒットが出ていました。

その頃の曲は、数は多かったものの、ほとんどの曲を知っていました。
CDなんてほとんど買わない私が知っているのだから、多くの国民も同様に知っていたでしょう。

でも今回の曲は、はっきりってどんな曲なのか分かりません。
「ああ、あの曲ね」という感じが全く無いのです。

全く知らない曲がミリオンになるなんて、ある意味すごいですよね。
歪だとは思いますが、マーケティング戦略としては傑出しているとも言えます。

良く言えば、常識の転換。かっこよく言うとパラダイムシフト

CDが売れないといわれる時代に、これだけのCDを売ったというのは何故でしょう?
それは熱心なファンがまとめ買いをする人が多いからだといわれています。

本来CDというのは、1人に1枚あれば足りるものです。
複数枚かったところで、聴ける音楽は違いがないのだから当然です。

熱心なコレクターの人が保存用を別に買う場合もあるでしょうが、それでも1人2枚です。
それ以上買うなんて、普通は考えられません。

ところが、AKB48のCDでは考えられないことが起きています。
それを実現したのは、すごいことであるのは間違いありません。

色々批判はあるでしょうけどね。

客単価を上げるか客数を増やすか

ビジネスに於いて売上を大きくするには、一人当たりの売上を大きくするか、買ってくれる人を増やすしかありません。
だって、「売上=客単価×購入者数」なのだから、当然です。

でも、CDは1人1枚しか売れません。
そうなると、一人当たりの客単価は千円位にしかなりません。

客単価を増やすということは難しいと、多くの人は考えていました。

もちろん、1枚あたりのCDの価格を上げて客単価を増やすという方法もあります。
しかしそうすると、一般には購入者数が減ると考えられます。

そうでなくても、日本の音楽CDは高すぎるという批判があるくらいです。
簡単に値上げというわけにはいかないでしょう。

そうなると、売上を増やすためには購入者数を増やさないといけません。
でも、これも限界があります。

今の時代は音楽をCDで買う人は少なくなってきています。
その上、彼女らがターゲットとしているであろう若年層は、少子化の影響で人数自体が少ない状態です。

普通に考えれば、ビジネスとしては行き詰まっているといえますよね。

1人に沢山買わせちゃえば良い

そこで考えられたのが、AKB48のビジネスモデルでしょう。
沢山の人にCDが売れないのなら、1人の人に沢山売ってしまえば良いと考えたのです。

例えば、CD特典として複数種類のアイテムを作り、それをランダムに入れる事で複数枚買わせることもあるようです。
あるいは、CDの購入枚数で、イベントでの待遇が変わるなんて事もあるみたいですね。

何れも、暗に複数枚の購入を促す販売方法です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/AKB48

今回の総選挙も、状況は同じです。
CD1枚につき、1票の投票権が与えられる仕組になっているようです。

そして、自分のお気に入りメンバーの順位を上げるために、大量購入する人もいるようです。
ファンにしてみれば、CDを買っているのではく、投票権を買っているわけですね。

新しい方法かと思いきや…

特典をつけることにより、1人に沢山の商品を買わせるというの方法は、実は新しいものではありません。
食玩の世界では古くから行われている方法です。

食玩というのは、おもちゃつきのお菓子のことです。
お菓子業界では、古くからAKB商法に近いものを取り入れえています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9F%E7%8E%A9

そのなかでも特に問題になったのが、ビックリマンチョコでしょう。
ビックリマンチョコではおまけのシールが子供達の間で大人気になりました。

シール目当てでチョコを買い、チョコは食べずに捨ててしまうという事もあったようです。
これは、社会的に大問題になりました。

このやり方は、はっきり言って、現在のAKBの販売戦略とかなり近いものを感じます。
要するに、別の業界で行われていた方法を焼きなおしたということですね。

ちなみに、ビックリマンチョコに関しては、公正取引委員会の勧告がでています。

他の業種でも使えるのかなあ?

さて、この商法ですが、他の業種でも使えるのでしょうか?
もちろん、景品をつけて売るということ自体は、どの業種でも行われています。

でも、こんなふうにまとめ買いさせるとなると、どの業種でも出来るわけでは無さそうですよね。
この方法の好き嫌いは別にして、客単価を上げる視点として取り入れてみる価値はあるかもしれません。

もしかしたら、既に研究している人が結構いるのではないでしょうか。
将来MBAの教科書に載る事例になるかもしれません。

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格を取る必要は無いと思いますけどね。

率直に言って、これだけで十分とは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。