このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

本当に復興税なんてやるの?

ちょっと前に書いたものですが、大事なことなので。

震災がらみで復興の財源の話です。

民主党政権は復興財源として消費税増税を考えているようです。
期間限定で3%引き上げるという案が真剣に検討されているようですね。

■ 消費税3%上げ案が浮上=期間限定、復興債償還に-政府
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2011041900006

毎日新聞などの調査を見ても、復興増税もやむをえないと考える人が多いようです。
もっともそういう人も、消費税3%アップに同意するかどうかは分かりませんけど。

個人的には、今みたいな時期に増税論が出たときには、一部の人が血迷っているのかと思いました。
でも、どうやら本気みたいですね。

私の常識だと、こんな時期に増税なんて絶対だめだと思うんですけどね。
民主党の人の常識は違うみたいです。

本当に復興に資するなら、5%でも10%でも上げれば良い

今回検討されている復興財源のための増税が、本当に復興に資するのでしょうか?

本当に復興のためになるのなら、5%でも10%でも上げれば良いと思います。
今、税込みで1,050円で買っているものが、1,100円になったって1,150円になったって個人的にはかまいません。

その程度の負担だったら、生きていくのには困らないはずです。
お金を払うときに、多少気になる程度の話です。

景気に対する影響はお考え?

でもその代わり、使うお金は減らしますよ。

そりゃそうですよね。
税金が上がったからといって、使えるお金が急に増えるわけではありません。

税金が上がった分は、支出を控えようと思うでしょう。
もしかしたら、節約意識が強くなって、余計に使わなくなるかもしれません。

一般に増税すると消費は落ち込みます。
こんな時期に、消費が落ち込むような政策を取るべきなのでしょうか?

景気が落ち込むと、被災地の復興は遅れます。
日本全体にとっても悪影響だと思うのですけど。

増税を懸念する人たち

私の意見だけでは信憑性に乏しいので、著名エコノミストの意見も。

まず、はじめに大震災復旧・復興の補正予算の財源の原則をいいたい。一部に、復興連帯税などの増税プランがでているが、それはまったくセオリーに反する。
大震災という100年以上に一度のショックに対しては、時間分散して対応する必要がある。それは国債発行して負担を平準化するのがいい。増税と国債の違いは、負担を一時にするか、分散するかという点である。
もし増税をするなら、被災地は震災のショックを受け、被災地以外は増税のショックを受けることなり、日本全体が大きなダメージをうけてしまう。
http://diamond.jp/articles/-/11784

「阪神大震災では3兆2000億円の補正予算が組まれたが、1997年に消費税の税率を上げたためデフレに突入した。経済が厳しい時に増税はダメ。復興資金の調達には政府が日銀を説得して、国債を発行し買い取ってもらうしかありません」と経済アナリストの森永卓郎氏は語る。
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/business/n_japan_economy__20110403_8/story/postseven_16233/

この二人を信頼できるかどうかは、分かりませんが。
まあ、一応経済の専門家の意見です。

景気が悪い時期の増税は逆効果

森永卓郎の発言の中にもあったけど、不況時の増税は全くナンセンスです。
これに関しては、過去に手痛い経験があります。

具体的に言うと、橋本内閣です。
この政権は、景気が悪いときに消費税を増税し、大失敗しています。

京都大学大学院の藤井聡・教授(都市社会工学)も同じ見方だ。

「デフレの原因は政府が1990年代に100兆円規模の財政出動でデフレ対策を打たなかった政治的な過ちにある。国民は今度こそ政府に徹底的な財政出動を通じたデフレ対策を求めるべきだと強く訴えたい」

デフレ対策を怠った橋本首相自身、後に、「私は1997年から98年にかけて緊縮財政をやり、国民に迷惑をかけた。私の友人も自殺した。本当に申し訳なかった。国民に深くお詫びしたい」と語っている。

http://www.news-postseven.com/archives/20110125_10870.html

次のレポートも参考になります。

http://group.dai-ichi-life.co.jp/dlri/naga/pdf/n_1004a.pdf

このときの教訓は、不況のときは増税はやめておけというものだったはずです。
歴史に学ぶのは大事なことだと思うのですけど。

というか、歴史も何も、経済の常識ですけどね。

突然財政規律を言い出した民主党政権

さて、ここで一つ疑問が。

何でここに来て民主党は財政規律について熱心になったのでしょうか?
ちょっと違和感を感じています。

子供手当てやら、高速道路やらで、国債発行を増やしたのはどの政権でしたっけ?

子供手当ては借金してでもやるけど、復興で借金はいけないって事なのでしょうか?
そのあたりの整合性は、どう考えているのでしょうかねえ。

なんだか、自分達が今まで財政規律に厳しかったかのような態度ですよね。

菅首相も参院選で消費税増税をぶち上げたものの、選挙後はすぐに引っ込めました。
この人たちのスタンスは、どうなっているのかしら?

財務省の根拠はコレ

民主党というか、恐らく財務省が増税をしたがっているのは、おそらく次の理由です。

長期金利はすでに上昇しやすい地合いにある。
http://www.nikkei.com/news/editorial/article/g=96958A96889DE0E4E2E3E1E4E7E2E2E0E2E6
E0E2E3E39793E3E2E2E3?n_cid=DSANY001

財務官僚は「このままでは長期金利が上がって取り返しがつかないことになる」などと、財務大臣やら民主党議員やらに吹き込んでいるのではないでしょうか。
長期金利が上がると大変なことになるから、一緒に増税もしましょうということなのでしょう。

復興税に関しては野田財務大臣が熱心なようですから、財務官僚のアドバイスがあるのは疑いが無いと思われます。

確かに長期金利が上がると、次に国債を発行するときに条件が悪くなります。
ですから、本当に大幅な金利上昇を招くなら財務省の考えることも一理有ります。

でも、本当に長期金利は上がるのでしょうか?

財務省および財政再建を主張する人は、大幅な金利上昇を常に口にします。
確かに一般的な長期金利の決定メカニズムから言えば、国債発行が増えれば金利が上がるのはその通りでしょう。

でも最近の日本の場合、国債の金利が上がったためしが無いんですよね。
既に、何百兆円も借金しているのに。

今更10兆円や20兆円借金を増やしたところで、それがトリガーになって金利が急上昇なんてあるのでしょうか?
よく分からないですよね。

ちなみに、今の金利は?

せっかくなので、現在の長期金利がどうなっているのか調べてみました。

長期金利は3月末以来の低い水準となる1.25%を付けている。
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920018&sid=aR.kPGH2Faw4

記事によると、現在の長期金利はかなり低い水準のようです。
ただ、少し前には国債の増発懸念で多少金利が上がっていたようです。

民主党の人たちは、そう言われてビビっちゃったんでしょうかねえ?

でも、下のグラフを見ると、今回の震災を受けての金利上昇はそれほど大きく無さそうです。
上昇したといっても、ほんのちょっとですよね。
http://www.bb.jbts.co.jp/data/index_kinri.html

今みたいな円高の時に金利急上昇なんてあるのだろうか?

そもそも疑問なのですが、今みたいな円高のときに長期金利が急上昇なんてするのかしら?

金利の急上昇というのは、その国の将来に不安があるということの裏返しのはずです。
日本国債の金利が急に上がるということは、日本政府が借金を返さない確率が上がると考えられるということです。

銀行などでも、お金を返さない可能性が高い人からは、沢山の金利を取りますよね。

でも、日本の政府が信頼できない環境にあるのなら、どうして円高なのでしょうか?
為替介入をして、やっと水準を保っている状態ですよね。

円高ということは、多くの人が日本円を買っている状態なわけです。
ということは、大震災や原発事故にも関わらず、日本の将来は大丈夫だと考えられていると言えます。

こういう状態のときに、長期金利って急に上がるものなのでしょうか?
ちょっと考えにくいのですが。

このまま恒久増税もありそうだなあ

最後に、ちょっと気になる事をもう一つ。

今回、消費税3%増を実行してしまうと、このまま恒久増税につながる可能性もありそうです。
菅民主党(というか財務官僚)は消費税を上げたくて仕方が無いようですからね。

一度上げてしまえば、それを継続するのは比較的容易です。
なし崩し的に、消費税増税へとつなげられても驚きません。

当然財務官僚はそこまで考えて復興税の導入を目指しているのでしょう。

個人的には将来の消費税増税はやむをえないと思っています。
でも、議論無しにどさくさにまぎれて引き上げられるのは、絶対に嫌です。

注意して政府の動向をチェックしないといけないですね。
もっとも、消費税の税率アップ期間が終わる頃には民主党政権じゃない可能性も高いですけど。

結論

ここまで書いて、「勝手にして」という気分になってきました。
もうちょっと心に余裕がある時期なら、「2年もしたら結果が出るから、試に上げてみれば」なんて書けるんですけどね。

経済に強い菅総理が正気を取り戻す事を祈りましょう。

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。