このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

実生活にこんなに役立つFPの基礎知識

FPという資格の特徴を考えたときに、先ず思い浮かぶのが、実生活にすぐに利用できるという点でしょう。実際に勉強してみると分かりますが、本当に役に立ちます。

さらに良い事に、実生活では役に立たないような細かい知識を身につける必要があまりありません。仮に資格取得をしなくても、勉強するだけで十分に意味があるわけです。

ファイナンシャル・プランニングの基礎知識は、私たちの実生活に非常に役立つものです。資格の取得はしなくても、学ぶだけで大いに意味があると言って良いでしょう。他の資格のように、資格取得をしないと無駄な勉強が多いというふうにはならないのです。

資格試験で学ぶ内容は実生活で役立つが…

資格試験というのは、多かれ少なかれ実生活と関連しているものです。

例えば行政書士の資格なら、民法を勉強します。ですから、行政書士の資格取得を目指すだけで、売買契約の知識や所有権に関する知識などは身につくでしょう。イメージがわきづらいかもしれませんが、こういった知識は実生活でも使えるものです。

あるいは税理士の資格だったら、普段払っている所得税や消費税の知識が身につきます。基礎的な部分の知識を身につければ、自分が払っている税金の額が把握できますし、節税のテクニックも身につきます。また財務諸表が読めるようになりますから、株式投資などにも知識を応用できるでしょう。

このように、資格試験のための勉強は、実生活にも役に立つ部分があるのです。

でも、これらの資格取得のための勉強をしても、勉強した内容がすべて実生活に役立つわけではありません。むしろ、直接生活に役立つ部分はそれほど多くはないはずです。

というのも、実際に試験で問われるのは細かい部分です。ですから、普通の生活を送る上では知っていても知らなくても良いことも多いのです。

例えば日付に関する知識を問う問題で、当日まで大丈夫なのか前日までに手続きが必要なのか、といった問題が実際に出題されます。そんな知識は専門家以外は必要ないですよね。

また資格試験では、自分自身の生活にはほとんど関係のない知識も問われます。

例えば社会保険労務士の試験では、日雇労働者に関する知識も問われます。でも、サラリーマンとして働いている人にとっては、そう言った知識は、実生活ではまず役立たちませんよね。

このように資格試験の勉強には、実生活では役に立たない部分が多いのです。資格を取って実務をやる人だけが知っていればいいようなことが多いわけですね。

FP資格は実生活で役立つものが多い

ところがFPの資格に関しては、ちょっと毛色が違います。実生活に役に立たない知識が少ないのです。

FPの資格というのは、そもそもどんなものなのでしょう。すごく簡単に言うと、個人の人生設計をするのに必要な、お金や不動産の知識に関する資格と言って良いでしょう。
ですから、当然ですが、私達の生活に直接関係します。

ということは、FP試験の内容に関しては、かなりの部分を実生活で役立てることが出来るのです。これは容易に想像できるでしょう。

それでは、FP試験で身につける知識を具体的にいくつか挙げてみましょう。

  • 主な金融商品の特徴と売買のルール、それに関する税金の知識
  • 生命保険の保険の種類と、それに関する税金の知識
  • 所得税の税額がどのように決まるのかという知識
  • 相続や贈与に関する知識

一部をあげただけですが、どれも自分の人生の中で知っておいて損はない知識ですよね。

これだけ出題範囲が広い試験ですから、はっきり言って、問われる知識は広く浅くという試験でもあります。実際の試験では、それほど細かい部分を問われる事は少ないと言って良いでしょう。

つまり、FPの試験というのは、私達の生活に直接関係がある事を学べる試験である上に、重箱の隅をつついたような問題が少ないのです。ですから、仕事に活かす必要が無い人でも、学ぶ価値がある資格だと思うのです。

少なくとも2級と3級に関しては、基礎的な知識だけで十分なのです。細かい知識なんて全くなくても合格できてしまいます。

こんな試験ですから、資格を取るかどうかは別にして、FPの基礎知識の勉強をしてみてはいかがでしょうか。興味を持ったら資格を取ればいいですし、興味を持てなければ基礎の学習だけでやめてしまってもいいのではないかと思います。

FPの基礎知識の学習に興味を持ったのなら、ゼミネットの講座がお勧めです。低価格の動画講座で、効率的に3級レベルの学習ができるはずです。

もしFP2級を目指してみようと思うのなら、ECC の講座がお勧めです。合格率が平均よりかなり高い、非常に優れた講座です。

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格を取る必要は無いと思いますけどね。

率直に言って、これだけで十分とは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。