このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

「イラクディナール商法」どう考えてもおかしいのだから、気づくと思うんだけどなあ

一昨年くらいだったか、イラクディナール投資というのが流行りました。
雑誌などでもいくつか取り上げられたようです。

話としては単純で、イラクの通貨であるディナールを買って持っておきます。
そうすると、将来的には何十倍にもなるといううたい文句で煽っていました。

もちろん、世の中何が起こるか分かりません。
だから、業者の言うように何十倍になる可能性もあるでしょう。

でも、長期的に考えれば、紙クズに張る可能性のほうがはるかに高いはずです。
普通に考えたら、インフレで紙クズになるというコースをたどる可能性のほうが現実的だからです。

ということで、イラクディナールの価値が円に対して急上昇するというシナリオは、どう考えても考えにくいです。

だから、「こんな幼稚な儲け話に乗るやつがいるのか」と驚いたものでした。
また、当時ディナール投資を掲載していたSPA! にも、罪な記事を書くものだと思いました。

当時は、こんな分かりやすいインチキ商売は、すぐに淘汰されるだろうと思っていました。
ところが、実態としては、なくなるどころか被害者を増やしているようです。

■ イラク、スーダンの通貨「買えば儲かる」“被害”総額33億円超か
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110513/crm11051300420000-n1.htm

なくなるどころか、希望は大きくなっているのかもしれません。
そして、最近は、スーダンボンドでも同じような手口が見られるようです。

でも、この商売って、詐欺としての立件は難しいケースもあるのでしょうね。
イラクディナールを相場よりも高値で売るだけなら、特に問題は無いはずです。

詐欺で捕まえるとすれば、販売のときに虚偽の説明をした場合でしょうか。
でも、セールストークで値上がり確実だといわれたとしても、証拠を押さえるのは難しいですよね。

ちなみに、とんでもない多額を振り込むケースも見られるようです。

スーダンポンドの相談者のうち…最高7100万円を支払ったケースもあった。

イラクディナールについても…中には1億3千万円を払ったケースもあった。

これだけの資産家だったら、周りにアドバイスをする人はいなかったのでしょうか?
懇意の税理士とかFPがいて、事前に警告してくれても良さそうなものですけど。

こういう人たちって、変なところでケチるのかなあ?

何万円か出して、アドバイザーを雇う方が、安心なのにね。
投資の経験が無いのなら、特に。

高齢者が多いということだから、素直に信じちゃったって事なのかしら?
それにしても、脇が甘すぎるとは思いますけど。


詐欺事件に関するニュースと余談

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。