このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

みかじめ料みたいなみたいなものなのか?

海江田経済産業大臣は、東電以外の電力各社からも原発事故の賠償資金を出させようとしているようです。
しかも、その資金を出すために、電力各社にリストラを進めるように求めるのだそうです。

■ 原発賠償負担、電力各社リストラで…海江田氏
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110429-OYT1T00774.htm?from=navr

でも、そんなことって許されるのでしょうか?

公的な性格が強いとは言え、電力会社は民間企業です。
一民間企業に対して、金が足らないからお前ら出せなんて、どう考えてもおかしいことです。

言葉は悪いですが、暴力団の「みかじめ料」のようにしか見えません。

東電処理するために後付で理由を考えているようにしか…

一応、彼は電力各社に拠出させる名目として、「原発賠償機構」というのを考えているようです。

■ 原発賠償へ新機構、東電支援へ政府保証を検討
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110416-OYT1T00909.htm

記事を読んだだけではまだどんなものか、正直よく分かりません。
まあ、基本的な枠組みとしては、保険のようなものを考えているようですね。

そして、電力各社からは、保険料としてお金を出させるつもりのようです。

ただ、保険といいながらも、拠出したお金は今回の賠償に使うとしています。
ということは、保険のためにお金を出させたにもかかわらず、機構の中にはお金が残らないということになります。

もちろん将来的には東電に返済させるという腹積もりなのでしょう。
でも、東電の返済が終わる前に原子力災害が起きたらどうするのでしょうか?

お金がなければ、保険も機能しませんよね。
そんな保険、意味ありません。

こう考えると、保険という体裁は繕っていますが、どうみても「みかじめ料」にしか見えないんだけどなあ。
少なくとも、設立の目的が不純ですよね。

お金の捻出方法にも口出し

もう一つ気になるのが、お金の捻出方法です。
海江田大臣は、「リストラをして金を出せ」といっています。

企業がどこからお金を持ってくるかを指示するなんて、どう考えてもおかしいことです。
何も悪い事をしていないし、経営上も問題が無い民間企業に、リストラを命じる権利があるのでしょうか?

仮に他の電力会社がお金を出すにしても、資金の調達方法は自分達で決められるはずですよね。
海江田って人は、日本が独裁国家になったと思っているのでしょうか?

民間企業の経営の独立性を無視するものですし、株主の権利侵害もはなはだしいですよね。

そういえば、この人って、東京消防庁の職員に、指示に従わなければ処分するという趣旨の事を言ったとされる人ですよね。
ちょっと、大丈夫かしらと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。