このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

ギリシャが債務再編か?…ようするに借金の一部踏倒しって事ね

ヨーロッパの経済は、相変わらずあまり良い状況ではないようです。

今回は、現在のユーロ圏不安の発端となったギリシャに関する動きを紹介します。
具体的に言うと、ギリシャは債務再編という方法を考えているようです。

■ ユーロ圏危機が深刻化、ギリシャの債務再編観測で
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110419-00000919-reu-bus_all

債務再編という言葉は、あまり聞かない言葉ですよね。
ギリシャ政府はどんな事をもくろんでいるのでしょうか?

ギリシャ政府の財政状態は悪い

ギリシャ政府の財政政策が上手く行っていないのは、ご存知の方も多いでしょう。
昨年大きな問題になりました。

具体的に何が問題だったかというと、ギリシャ政府は借金をしすぎたのです。

ユーロ圏に入る事で、ギリシャは本来の実力以上の国際的な信用を得てしまいました。
ユーロ圏に参加している国ということで、お金を貸す方が貸しやすくなったのです。

そのために、ギリシャは本来の実力以上に借金がしやすくなりました。
そして、借金がしやすくなったのを良いことに、分別なく借入を増やしたのです。

その結果、借金を返すのが難しくなり、国際的に問題になっています。

付け加えると、ギリシャはユーロに参加するときにウソの報告をしていたそうです。
企業で言うと、粉飾決算をしてユーロに参加しているのが明らかになりました。

債務再編で乗り切りたいギリシャ

そんな状況で出てきたのが、債務再編という話です。
これは、ドイツの政府関係者から出てきた情報のようです。

複数のドイツ政府筋は18日、ギリシャが夏が終わる前までに債務再編を実施する可能性が高いとの見方を示した。

債務再編というのは、ちょっとなじみの無い言葉ですね。
英語で言うとdebt restructuring というのだそうです。

実際にどんな事をするかというと、次のような事を行うのだそうです。

・国債の金利の引き下げてもらう
・返済期間を長くしてもらう
・しばらくの期間返済をまってもらう
・一部借金を帳消しにしてもらう

(参考:http://jp.wsj.com/Economy/node_172845

要するに、今のままでは返せないから、返済条件をゆるくしてくださいよとお願いするわけです。

これはギリシャにとっては、大変都合の良い話です。
なにせ、一部借金を棒引きにしてくれとか、利息の支払いを小さくしてくれというような話だからです。

お金を貸している方からすれば、確実にマイナスだといって良いでしょう。
逆に言うと、ここまでお願いしないと乗り切れないところまで来ているということでもあります。

それに、こんな話をしているということは、未だにデフォルトの可能性も無くは無いということのように思えます。

今後どういう展開になるかは分かりませんが、ユーロ圏の危機が収束していないことは確かなようです。
ポルトガルとか、スペインの問題も有りますし。

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格を取る必要は無いと思いますけどね。

率直に言って、これだけで十分とは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。