このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

震災で分かった日本輸出産業の影響力の強さ、でも…

「震災で分かった」なんてタイトルを付けてみましたが、このエントリーの内容は以前から言われていたことです。
今回の震災関連の記事で、それがより明確になったということです。

この手の分野に興味を持っている人なら、目新しい話ではないはずです。

ただ、多くの人は、今回書くような認識は持っていなかったでしょう。
日本の強さは「自動車」と「家電」だと思っていたでしょうから。

一体、何が明確になったのでしょうか?

日本の資本財に頼る各国の製造業

日本で大規模な被害が発生したことにより、各国の製造業が困っているそうです。
例えば、次の記事。

■ 震災でわかった日米の競争力格差

ボルボは今週、日本製のナビゲーションとエアコンの在庫が10日分しか残っておらず、工場が操業停止になる可能性があることを明らかにした。ゼネラル・モーターズ(GM)は先週、シボレーコロラドやGMCキャニオンを組み立てているルイジアナ州シェリーブポートの従業員数923人の工場を、日本製の部品が不足しているために閉鎖すると発表した。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110325-00000302-newsweek-bus_all

この記事では、以下、日本から部品が止まることにより、米国の製造業にどのような影響がもたらされるかが語られています。
具体的に言うと、「車のギア」「半導体を製造する設備」「半導体の回路を焼き付けるステッパー」「携帯端末やラップトップパソコンに使われる樹脂『BTレジン』」などが紹介されています。

こういう部品に関しては、日本企業のシェアが大きく、震災の影響を海外の企業もうけるわけです。

こうした影響を受けるのは、もちろんアメリカだけに限りません。
中国や韓国などの企業も、当然影響を受けています。

例えば、次のような記事ですね。

■ 「日本製部品がないと競争に勝てない」震災ショックは中国メーカーを直撃―中国紙
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110328-00000001-rcdc-cn

韓国の記事もあったのですが、分からなくなってしまいました。
失礼。

日本の輸出産業の強さは自動車や家電だけではない

日本の輸出産業の強さは、自動車や家電だけでは有りません。
最近競争力があるのは、むしろ上で挙げたような部品や半製品の分野です。

こうした部品を「流動資本財」あるいは「中間財」などと言います。
http://100.yahoo.co.jp/detail/%E8%B3%87%E6%9C%AC%E8%B2%A1/

中国や韓国などの企業の多くは、日本からの流動資本財を使って、製品にしています。
ですから、日本の生産が止まると、世界中が困ってしまいます。

特に、資本財を組み合わせて消費財を作っている、韓国などへの影響は大きいでしょう。

この震災で優位なポジションを失う可能性も

さて、こうした流動資本財ですが、今回の震災を期に優位なポジションを失うかもしれません。
当然ですが、日本の生産が止まっている間に、他国がシェアを増やす事を考えているからです。

■ 東日本大震災 止まる電子材料、ハイテク危機 高シェア、半導体向けなど懸念
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110327-00000020-fsi-bus_all

ここでシェアを失うと、震災の復興にも影響します。
計画停電を極力減らすなど、影響が出ない工夫が必要でしょうね。

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。