このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

責任者は病気も許されない?常軌を逸しているとしか思えません

東京電力の社長が数日間「過労でダウン」していた事がわかりました。
その期間は東電本店内の別室で、指示を出していたとか。

震災以降社長は一度しか姿を見せていませんでした。
常に対応するのは副社長以下の取締役だったのです。

これまで、なぜマスコミの前にでて会見しないのか疑問に思っていましたが、このニュースで納得しました。

■ 東電社長、過労で一時ダウン
http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20110327-00000078-jij-bus_all&s=points&o=desc

異常な反応だと思う

この記事に関して、特に興味深かったのは、読み手の反応です。
冷静さを失っているとしか思えません。

このコメント欄で寄せられた、主な意見は次の3つです。

・何が忙しくて過労になったのか、わからない
・現場で頑張っている人がいるのに、過労で休むなんてけしからん
・仮病を使ってマスコミの前に出るのを避けている

もちろん、言い回しは様々ですけどね。
コメントの意図は、大体こんなところです。

正確なコメントは、記事をチェックしてみてください。

もちろん、こういう意見が出るのは理解できます。
しかし、こういう意見だけで大半を占められていると言うのは、ちょっと異常に思われます。

感情的に攻撃しているだけにしか見えないのです。

過労になる理由が分からない…想像力無さ過ぎだろ

「過労になる理由がわからない」と言う意見は、どう考えてもおかしいです。
よっぽど想像力が欠けているのでしょうか?

あの状況なら、体調を崩す理由なんて、いくらでも見つかると思うんですけど。

まず、事故の発生直後は、被害がどこまで広がるかわからない状況でした。
その状況の中では、十分な睡眠をとることは難しかったでしょう。

睡眠不足だけでも、年齢を考えれば、体調を壊すには十分な要因です。

精神的なプレッシャーも相当大きいはずです。
対応を間違えれば、かなり悲惨な事故になる可能性もありました。

その上、事情を良く知らない権力を持った素人から「東日本は潰れる」だの「東電は100%潰れる」だの怒鳴られるのです。
体調を崩すのは、全く不思議なことではありません。

過労で休むなってのは無理だろ

「過労程度で休むな」という意見も、相当無理な話ですよね。

66歳のオッサンが上に書いたような状況にあるのです。
過労と言っても、相当症状が重い可能性もあったでしょう。

例えば、血圧がかなり高くなっていた可能性はあるでしょう。
もしかしたら、仕事中に倒れた可能性もあるかもしれません。

明確な病名をだしていないだけで、何かの病気を発症している可能性もありますよね。
条件反射でコメントしている人には、そういう想像は、全く働かないのでしょうか?

仮病を使ってマスコミを避ける理由は無い

「仮病を使う」理由も、ほとんど考えられません。

政治家が仮病を使ってマスコミを避けるのは、マスコミに追求されたくない個人的な理由があるからです。
個人的にやましい部分があり、その追求を避けたいのです。

報道がピークの時に行方をくらまし、世論が冷めるのを待つわけです。

しかし、今回のケースは全く違います。
組織の責任者としての立場を考えれば、マスコミの目を避けて良いことは有りません。

結局は誰かが表に立って、説明しないといけません。
社長と言う立場であれば、むしろ積極的に表に出たいと考えるはずです。

もちろん、彼がびっくりするような小心者だったのかもしれません。
マスコミの目を避けたかったという可能性も全くは否定できないでしょう。

でも、そういう意図だったら、最初から入院したと発表するはずです。
そして、今みたいなタイミングで、戻ってこようとはしないでしょう。

マスコミを避けるためにというのも、ちょっと考えにくい気がします。

いくらなんでも常軌を逸している

このように考えると、記事に対する反応は、ちょっと常軌を逸しています。
だって、体調を崩すのも許さんといっているのです。

そんな事を言われたら、自分は困らないのかなあ?
しかも、相手はかなり年齢がいったオッサンです。

もちろん、大企業の社長は責任のある立場です。
ですから、体調管理も必要な仕事の一つでしょう。

それにしても、ここまでバッシングされるような事なのでしょうか?
正直に言って疑問です。

多分、批判している人は、原発の事故でそうとうフラストレーションがたまっているのでしょう。
そして、みんなが批判するから批判すると言う集団心理も有るような気がします。

それにしても、死ぬまで働けって言う発想は、どうなんでしょうね。
ヒステリックな反応をしすぎているようにしか思えませんが。

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。