このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

パニックを防ぐためにも、数学と理科の教育は大事なようだ

先日、ミャンマーでも大きな地震が起きたようです。
ここまでのところ、25人の死者が出たことが分かっています。

■ ミャンマー東部でM6.8=タイ、ラオス国境、死者情報も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110325-00000004-jij-int

ニュージーランド、日本、ミャンマーと人命が失われる地震が連続して起こっています。
このことで、不安になっている人も居るようです。

上の記事のコメント欄でも、そう言った書き込みが多数見られます。

NZ、日本ときて、また巨大地震…
地球が大変なことになってる

世界中の地底で異変が起きている…

ミャンマーとかニュージーランドで起きた地震は毎年起こる

ただ、こうした心配は杞憂であると考えた方が良いでしょう。
少なくとも、現段階では、地球規模で異変が起こっていると考えるのは早計過ぎます。

今回ミャンマーで起きた地震はマグニチュード6.8で、ニュージーランドで起きた地震は6.3です。
この程度の地震は、毎年何回も起きるものです。

次のページを見れば、震度7以下の地震は珍しいものでないことが想像できるでしょう。
震度7以上でも、1年間半で30件弱くらいは起きているのです。

■ 海外で発生した顕著な地震の解析結果
http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/world/index.html

結果的に人的物的な被害が多く出たのは、不幸なことです。
しかし、それは地震が起きた場所の問題に過ぎません。

すなわち、人が住むエリアの近くの、地表から浅いところで地震が起きているからなのです。
震源地と距離が近ければ、被害が大きくなると言う、比較的単純な関係です。

結果的に被害が出たからといって、それが地球の異常だと言うのは冷静な判断を欠いた反応でしょう。
ある種のパニックなのだと思います。

花粉を見て放射性物質

こういったパニック的な反応は、かなり多く見られています。
一番最近では、積もった花粉を見て放射性物質が積もったと勘違いした例などでしょう。

もちろん、放射性物質が飛散して、積もる可能性はゼロとはいえないでしょうけどね。
でも、積もるほど飛散していたら、放射線量は大変なことになっているでしょう。

すでに、通常の生活をするなんて無理なはずです。
現在の大気中の放射線量から考えると、ちょっと考えにくいですね。

まあ、花粉の中に放射性物質がちょっと位入っている可能性はありますけど。

そのほかにも沢山のパニックが

今回の震災がらみでは、既に多くのパニックと言えるような事象が起きています。
例えば、食料品やトイレットペーパーは買い占められました。

水の買占めもありましたね。
一部産地の農産物の作物の不買と言う反応もあるようです。

外国政府による国外退去勧告もありますし、本社機能を関西に移転した企業もあるようです。

情報の不足と処理能力の不足

海外の反応は、情報の不足によるものが大きそうです。
原発事故に関しては、当初日本政府の情報は限定的なものでした。

あるいは、冷静に分析した結果、退避が必要だと判断したのかもしれませんけどね。

一方、買占め問題や花粉、食品汚染、ミャンマーの地震による動揺は、数学と理科と常識の知識が欠如していることによる部分が大きそうです。
花粉症と食品汚染、ミャンマーの地震の問題は理科と統計の知識があればパニックに陥る必要はありません。

原子炉の問題では、かなり差し迫った問題もありました。
計画停電による電車のトラブルは、市民の対応で回避するのは難しかったでしょう。

しかしそれ以外は、冷静に判断することで、混乱を軽減することが出来たような気がします。
こういう姿を見ていると数学とか理科の勉強をするのは大切だと感じますね。

パニックを防ぐと言う観点から、理数系科目の学習強化を考えても良いのかもしれません。
与えられた情報を判断できないのでは、いざと言うときに困ることが今回よく分かりましたから。

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。