このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

東京電力は倒産するのか?

今回の震災と原発事故では、色々な風評被害が発生していると言われています。
ここ数日は、放射能の影響がある野菜が問題になっていますね。

ところで、今回の地震・津波・原発事故の風評被害の中で、一番影響を受けているのは実は東京電力なのではないかと思っています。
一国の首相に「つぶれる」なんて言われちゃったら、影響が無いわけはありません。

実際、東京電力は潰れるのではないかと、本気で考えていえる人も多いようです。
結構深刻な風評被害ですね。

東京電力には、もちろん、加害者という側面もあります。
でも同時に、被害者とも言えると思うのです。

まあ、自業自得の部分も多いのですけど。

実際に倒産の可能性はあるのかなあ?

さて、東京電力が実際に倒産する可能性というのはあるのでしょうか?
ちょっと考えてみましょう。

まず、今回の原発事故で、東京電力は東日本全体の嫌われ者になりました。
原発事故の被害自体も問題ですが、それに関する情報開示も大変問題でした。

問題はそれだけではありません。
計画停電の対応の酷さも大問題でしょう。

発表時期だけをとっても、開始数時間前というのは滅茶苦茶です。
関連する企業や警察などとの調整なども、全く出来ていませんでした。

産業や市民生活、医療などに対する配慮も全く出来ていませんでした。
非常事態だという事を差し引いても、とてもではありませんが許容できません。

普通の会社だったら、不買運動の対象になるようなレベルでしょう。

独占企業だから大幅な売上減は無い

ただ、東京電力は特殊な会社です。
関東エリアで電力を供給できるのは、基本的には東京電力だけなのです。

そして、誰も電力無しで生活することはできません。
どんなに憎かろうと、東京電力を利用する以外の手はないのです。

電力の分野では、東京電力は間違いなく強力な独占企業です。

そう考えると、東京電力の売上が、劇的に落ち込むということは考えられません。

計画停電分の売上減はあるでしょうが、これも一時的なことでしょう。
独占企業であるという部分は、間違いなく東京電力の強みなのです。

さらに言うと、東京電力は簡単に売上を増やすことが出来ます。
電力の料金を引き上げれば良いのです。

独占企業で、絶対に使われ続ける商品を販売しているのです。
極端に大幅なものでない限り、値上げは簡単に行えます。

売上の点で、東京電力が困る可能性は全くなさそうです。

損害賠償で倒産する?

東京電力が倒産すると主張している人は、原発事故による損害賠償が負担になり倒産すると考えているようです。
でも、そう考えるのは、ちょっと早計に過ぎるように思えます。

なぜかというと、原子力損害賠償法という法律があるからです。
この法律によると、「天災や社会的動乱」が起きた場合は、一部国が負担することになっているのです。

実際に、国は周辺住民に直接賠償する検討に入っているようです。

■ 政府、原発事故で住民に賠償検討 東電負担の一部
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819481E0E2E2E09E8DE0E2E2E1E0E2E3E39797EAE2E2E2

ついでに言うと、原発に関しては原子力安全・保安院という国の機関がチェックしているのです。
国の機関がチェックをしているという点だけを考えても、国に責任なしとするのは難しいでしょう。

東京電力だけに全ての責任を負わせるということは、不可能な気がします。

さらに言うと、東京電力は、原発事故に対して損害保険に入っています。
実は、これも、「原子力損害賠償法」で決まっています。

賠償を迅速かつ確実に遂行するため、原子力事業者に対して原子力損害賠償責任保険への加入(保険会社との契約)、原子力損害賠償補償契約(国との契約)等の損害賠償措置を講じることを義務付けている(第3章第2節、第3節)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E6%90%8D%E5%AE
%B3%E3%81%AE%E8%B3%A0%E5%84%9F%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E
3%82%8B%E6%B3%95%E5%BE%8B

この保険がおりれば、東京電力が賠償するお金は、損害保険会社から支払われます。
東京電力の支払いはおそらくゼロでしょう。

原発を作り直す費用まで補償されるのかどうかは、ちょっと分かりませんけどね。

この2点を考えると、今回の原発事故において東京電力が金銭的に取らないといけない責任はほとんどなさそうです。
結果的に無傷といっても良いかもしれません。


ごめんなさい、この部分の議論に間違いがあります。
詳しくは、「訂正:東京電力は倒産するのか?」をご覧下さい。

間違いの説明と訂正をしています。


計画停電による損害賠償の可能性

次に、計画停電による損害賠償の可能性です。
個人的には、原発の事故によるもの以上に、計画停電の方が経済的な影響が大きいと感じています。

計画停電による経済的な損失に対して損害賠償をされたとき、どうなるのでしょうか?
東京電力が賠償に応じなければならないとなったら、大企業とは言え一企業レベルではひとたまりも無い金額になりそうです。

なにせ、かなりの人と企業が既に影響を受けています。

ちなみに、東京電力の約款上は次のようになっています。

40 供給の中止または使用の制限もしくは中止
(1) 当社は,次の場合には,供給時間中に電気の供給を中止し,またはお客
さまに電気の使用を制限し,もしくは中止していただくことがあります。
イ異常渇水等により電気の需給上やむをえない場合
ロ当社の電気工作物に故障が生じ,または故障が生ずるおそれがある場

ハ当社の電気工作物の修繕,変更その他の工事上やむをえない場合
ニ非常変災の場合
ホその他保安上必要がある場合

42 損害賠償の免責
(1) 40(供給の中止または使用の制限もしくは中止)(1)によって電気の供
給を中止し,または電気の使用を制限し,もしくは中止した場合で,それ
が当社の責めとならない理由によるものであるときには,当社は,お客さ
まの受けた損害について賠償の責めを負いません。

http://www.tepco.co.jp/e-rates/custom/shiryou/yakkan/pdf/kyouky05-j.pdf

これを読む限りは、東京電力は賠償責任を負わないということになるのだと思います。

ただ、人によっては、賠償責任が生じると考えている人もいらっしゃるようです。
賠償責任ありとする人の主張は、今ひとつ理解できないのですけど。

ちなみに、新聞などをチェックする限り、このポイントで議論しているところはなさそうです。
おそらくメディアは、計画停電は損害賠償の対象にはならないとハナから考えているのでしょう。

そうじゃなかったら、大騒ぎしているはずです。
あるいはマスコミが、そのポイントに考えが至っていないかです。

専門的な法律の知識が要求される部分なので、実際どうなるかは分かりません。
もしかしたら、かなりの数の裁判が起こされる可能性は残されています。

でも、今のところ、大きな議論にはなっていません。

壊れた施設を再建するコスト

もう一つ気になるのが、壊れた施設などを再建するコストです。
これに関して言うと、東京電力だけでなく、東北に拠点を持つ企業の多くが多かれ少なかれ直面する問題でしょう。

これに関しては、どの程度の損害が出て、どの程度の復旧費用がかかるのか、さっぱり分かりません。

これに関しては、損害保険の支払い対象になるのでしょうか?
普通の工場などだと、免責という場合が多そうですけど。

まあ、でも、普通に考えたら、銀行から融資を受けられるでしょうね。
上に挙げた二つのトラブルがクリアになっていれば、東電にお金を貸さないなんてことは無いでしょう。

あるいは、社債発行や増資で対応するのでしょうか?

潰れない気がするんだけどなあ

ネットを見ると、感情的になって、東京電力を潰したいと考えている人が沢山いるようです。
でも、実際のところ、東京電力が倒産する蓋然性はそれほど高くないように感じます。

もちろん、将来のことはどうなるか分かりません。
原発事故がしばらく収束しない可能性だってあるでしょうし。
もっと悪くなる可能性だって…。

ただ現在の感じだと、東京電力に対するペナルティは、会長と社長と原発の責任者の首を切っておしまいという位の感じではないでしょうか。

それでは溜飲は下げられないと言う人も多いでしょう。
まあ、世の中、思った通りにはならないですよね。

おっと、いけねえ

記事の内容で一部勘違いがありました。
別のページで訂正しています。

結論はかわりませんが、不測の事態の可能性が増えると思います。
ぜひ、チェックしてください。

訂正:東京電力は倒産するのか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。