このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

一部の小売は厳しいでしょうね

震災以降、いくつかの大型商業施設はしばらくしまっていました。
そして、これらの商業施設は、計画停電の影響で、時間を限定した営業しかできてません。

おそらく、小売やレストラン各社にとっては、厳しい状況なのでしょう。
そして、当面は厳しい状況が続きそうです。

ただ、小売やレストランにとっては全般的に厳しい状況ですが、その中でも濃淡は有りそうです。

例えば、関東エリアでは食品スーパーはかなりの客の入りです。
営業時間は限定されていますが、売上の減少はそれほどなさそうです。

レストランでは、マクドナルドなどは、かなりの人が入っています。
もしかしたら、普段の売上よりも多かったりして。

それに対して、嗜好品を扱う業種は厳しいのでしょうね。
アパレルとか宝飾品のコーナーには、ほとんど人がいませんでした。

家電量販店には人が多かったですが、ほとんど電池と懐中電灯を買う人たちです。
客の入りの割には、売上は厳しいものと思われます。

一番株価を下げたのは?

ちなみに、震災後の一週間で一番下げたのは小売でもレストランでもありません。
東京電力でした。

震災後一週間で株価が半分以下になりました。
この会社は短期間でかなり評価を下げましたね。

施設にダメージが出たのに加え、賠償の懸念もあります。
計画停電をすれば、売上減にもなりますしね。

まあ、下げる要素しか無いと思います。
それでも週の後半には、株価はちょっと戻しているようです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。