このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

夜間停電レポ「少しでも快適に過ごすために」

今夜初めて夜間の停電を経験しました。
参考になる部分もあると思いますので、気づいた点をいくつか。

夜間の停電は未経験と言う人もいるでしょうから。
あと、自分では気づかなかったと言うポイントも有るかもしれません。

懐中電灯について

懐中電灯を用意するのは必須ですが、出来れば2つ用意した方が良いと思います。
というのも、暗い中で電池を換えるのは、かなり難しいと思われるからです。

2つあれば、電池切れを起こすような事があったときに、慌てないで住むと思います。
携帯のライトで照らすという手もありますが、携帯の電池は大事にしたいですからね。

ちなみに、2つ懐中電灯を用意するよりも、1つは自転車用のライトが良いかもしれません。
もちろん、電池式のやつです。

機種にもよりますが、自転車用のライトの方が明るい気がします。
十分に文字を読むことも可能です。

時間つぶしに、本を読めるのは助かると言う人もいるでしょう。

ちなみに、私が買ったのは単三電池を使うものでした。
これも非常によかった点です。

単一、単二電池は売り切れている店が多いようです。
懐中電灯用に購入する人が多いのでしょう。

しかし、単三電池は比較的残っているようです。
電池が手に入りやすいので、とても助かるわけです。

自転車用のライトは、一部の100円ショップでも売っています。
興味がある人はぜひチェックしてみてください。

外は意外と明るい

停電中の避難経路の確認のために、外に出てみました。
意外なことに、比較的明るかったです。

もっと真っ暗だと思っていました。

まず、マンションの非常灯はついていますから、外に出るのは難しくなかったです。
普段より多少暗いぐらいでしょうか。

一部の建物では非常用バッテリーで明かりをつけていました。
ウチの近所では、駅と警察署は明りがついていました。

外出は危険

ただ、外出はかなり危険だと思います。
街灯がついてなく暗いので、車が人間を見つけられないのです。

車はゆっくり走っていますが、それでもかなり怖く感じます。
最低限、白っぽい服を着るなどの工夫はした方が良いでしょう。

電気ポットにお湯を沸かしておこう

電気ポットとかにお湯を作っておくと良いと思います。
お湯さえあれば、インスタントコーヒーやホットチョコレートなら簡単に作れます。

温かい飲み物があると、かなり気持ちを落ち着けることが出来ます。
ただ、暗い中なのでお湯の扱いは注意してください。

掃除が不十分なところが浮き彫りに

余談ですが、停電していると普段掃除していないのがばれてしまいます。
なぜかというと、真っ暗な中で懐中電灯で照らすとホコリが目立つのです。

自分の部屋が意外と汚いことにショックを受けました。
普段の手抜きがばれてしまいますから、注意してください。

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。