このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

大災害では支払われない生命保険の保険金「今回は支払うことに」

生保各社は今回の地震に関して、保険金を支払うことを決めたようです。

例えば、死亡保険に入っていた方が、今回の震災で亡くなっとします。
この場合、保険会社から死亡保険金が支払われる事になったのです。

一部大手生保は、先行して支払いを決めていました。
15日になって、他社も追随した格好になっています。

■ 全生保会社、地震による免責条項等の不適用を決定
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0316&f=business_0316_167.shtml

死亡保険に入っていた人が亡くなったのです。
保険金が支払われるのは当然のことと思われるでしょう。

しかし、そうではありません。
今回の場合、支払われない可能性があったのです。

大規模災害の場合、支払われない可能性も

なぜ今回支払われない可能性があったのでしょう?

多くの生命保険では、大規模な地震や津波、戦争などが原因の事故に関する免責をつけているのです。
大規模な地震や津波などが原因の場合、保険会社の判断で保険金を支払わなくても良いと規定しているのです。

お金が必要なときに、保険金を支払わないなんて、何だか納得がいきません。
でも、ある意味、仕方が無いことでもあります。

というのも、こういう決まりを作っておかないと、生命保険会社が倒産してしまうリスクがあるのです。

多くの人命が短い期間に失われるような事故があった時期に、全ての保険金を支払ったとしましょう。
保険会社が支払う保険金は膨大なものになります。

保険会社が経営を継続するのが難しいのは明らかでしょう。

生命保険会社が倒産すると、保険会社の関係者だけでなく、全ての契約者が困ってしまいます。
だから、倒産するような事態は、避けないといけないのです。

支払っても大丈夫だと判断した

今回、生命保険各社は保険金の支払いを決めました。
おそらく、保険金を全て支払っても、経営に影響は無いと判断したのでしょう。

理由は何であれ、今回の生命保険会社の対応は、被災者にとっては助けになるでしょう。

生命保険は、通常は、一家の中で一番稼ぎがある人に掛けるものです。
その人の死亡でお金が出ないとなれば、今後の生活に大きな影響があります。

医療保険の支払いも助けになる可能性が大きいです。。
震災が原因で長期入院となった場合の支出にも対応できるでしょう。

良いニュースだと思います。

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。