このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

人の善意に漬け込む犯罪に注意!| 義援金詐欺というのは無くならないようです

東日本大震災の時に、義援金としてお金をだまし取るという犯罪が横行したようです。そして大きな犯罪が有るたびに、こうした詐欺は繰り返されているようですね。

金融庁もサイトなどを使って注意喚起を呼びかけていますが、決定的な対策はまだないようです。せっかくの善意が無駄に使われないためにも、注意が必要です。

東日本大震災で義援金詐欺

ネット上で、被災地に対する義援金詐欺が起きている可能性があります。義援金を募ることを装い、お金を集めようとしているのです。1

指摘されているサイトの本当の目的が何なのかは、分かっていません。報道されている範囲では、個人情報を騙し取ることを意図している可能性が高いようです。

ただ、詐欺目的の可能性だって、捨てきれないでしょう。もし詐欺目的だったら、こんなに酷い話はありませんね。

残念なことに、世の中には人の弱みや善意に付け込んでお金を騙し取ろうとする人はいるものです。というか、人の弱みや善意に付け込むのが、詐欺師の手口の一です。

ネットを使うかどうかは別にして、今後もこの手の詐欺は起こりえます。十分に気をつけましょう。

追記:災害のたびに義援金詐欺がおこっている

その後も、この手の義援金詐欺というのは、無くなっていないようですね。というか、東日本大震災の時に有名になってしまったので、真似する輩も増えているんかもしれません。

平成30年7月豪雨に関して、金融庁が義援金詐欺の注意喚起をしています。これは、継続してこの手の犯罪がある証拠なのでしょう。2

ちなみに、その手口としては、次のようなものがあるようです。

【過去の災害・震災時に発生した詐欺の具体的な事例】
有名なボランティア団体を名乗り、電話やFAX等を用い、当該団体の募金口座と異なる口座に義援金を振り込ませようとする。
公的機関と紛らわしい名称をかたって電話をかけ、「災害支援」を謳い文句に義援金を募集し振り込ませようとする。

有名な団体や公的機関と誤解させ、振り込ませようという手法ですね。まあ、知らない団体が募金をするのよりは、知名度が高い団体を騙った方が、振り込んでもらいやすいのでしょうね。振り込む方も安心するでしょうから。

ちなみに、これに関する対処法も紹介されていました。

【被害に遭わないために】
義援金を振り込む前に、振込先がテレビ・新聞等で公表している口座番号・名義情報と同一であるかを確認するなど、真正な団体による募金なのか、また信用できる団体なのか十分にご確認下さい。

有名な団体を騙っている場合は、口座番号や名義などを確認すれば見抜くことが出来るということです。

でも、率直に言って、なぜここまでやらないといけないのかという気がしないでもありません。善意で寄付をする上に、時間を取って口座が偽物でないことを確認しないといけないわけですよね。

さすがにちょっとバカバカしい気がしてきます。手軽に募金を出来るなら協力しようと思っていた人も、お金を出す気が失せるかもしれません。

それでもネットが使える人なら、ものの数分で確認することは可能でしょう。検索をするだけですから、数分もあれば本来の団体の口座番号を知ることが出来るはずです。

でも、そういう発想がない人だと、ちょっと大変でしょうね。

追記:ふるさと納税を利用する

ちなみに、被災地への義援金という意味では、ふるさと納税を使うのが賢い方法かもしれません。ふるさと納税というのは、自治体に寄付をすると、2,000円を超える額が個人住民税から控除されるという仕組みです。

上に書いたような詐欺や詐欺的な募金でなく、有名な団体が行っている募金でも、実は募金した全額が被災地に届いているわけではありません。募金したうちの結構な金額は、手数料として抜かれてしまう事が多いのです。

わかった上でやっていれば、もちろん、問題は無いのですけどね。どの程度の手数料を取られているのか知らないで寄付をしている人は、意外と多いのです。

これに対して、ふるさと納税なら、確実に被災した自治体にお金が届きます。こうした方法があることは、覚えておいてもいいでしょう。

変なところに中抜きされるよりは、かなり満足度が高いと思います。ましてや、詐欺に合うよりはよほどいいでしょう。

  1. ■ 東日本大震災への義援金募るフィッシングサイトか
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110315-00000667-san-soci []
  2. 義援金等を装った詐欺にご注意!<平成30年7月豪雨関連>
    金融庁 平成30年7月13日 []

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。