このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

やっぱり人災だったんじゃないかなあ

しつこいですけど、停電問題です。

14日からの停電での混乱は、やっぱり人災だったのではないかと思えてなりません。
こんな時に誰かを批判したくないのですが、あまりにも酷い。

このまま行くと、本格的な社会不安に繋がりかねません。
そうなると、人災による二次災害という状況になりそうです。

長期に行う必要があるのなら、今のままでは絶対にまずいです。
何とか、対処して欲しいものです。

鉄道に優先的に電力供給が出来る

まず、鉄道問題です。

停電地域で鉄道のみに電力を送ることは可能だった事が分かりました。
それを出来るのを知っていた上で、東京電力は行わなかったのです。

■ 鉄道対象外に、東電と鉄道各社が合意 運休や区間短縮条件 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110315-00000518-san-bus_all

なぜ、そういう対応を取らなかったのか、本当に理解に苦しみます。
鉄道を優先させれば、混乱のかなりの部分を回避できたのに。

鉄道に電力を供給しなかったらどうなるか分からなかったのでしょうか?
電力会社というインフラを提供する会社が、まさか認識していないとは考えにくいのですが。

鉄道だけを特別扱いすると、他からクレームが付く事を恐れたのでしょうか?
鉄道を優先しない理由は、そのくらいしか考えられません。

あるいは、技術的に、何らかの難しい問題があるのでしょうか?

電力供給不足は早い段階に予想できた

そもそも、電力供給の不足は、早い段階に予想できました。
原発が止まる段階で、電力供給が不足するのはあきらかだからです。

だったら、なぜ、早めに鉄道会社や警察などと調整を図らなかったのでしょうか?
金曜日のうちに停電計画の打診をしておけば、もっと早い段階で理にかなった計画が出来たでしょう。

鉄道の問題さえクリアーになっていれば、市民および企業は、もっと粛然と停電に臨む事ができました。
しかし、実際には、事前の打診は行われませんでした。

■ 計画停電公表から時間が少なすぎ…鉄道各社批判
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110315-00000085-yom-soci

鉄道会社各社ですら、我々より早く情報を入手していたということではなさそうです。

何でこんなことが起きるのか、本当にさっぱり分かりません。
東電が停電という結論を先送りし、行動が遅れたのでしょうか?

なんにしろ、ここまでずさんとは思いませんでした。

政府の対応も悪影響を

ここに来て、政府の対応にも不満が募ってきています。
パフォーマンスを優先するあまり、現場の対応に影響しているというのです。

■ 菅政権の政治主導演出へのこだわり、混乱を増幅
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110315-00000086-yom-pol

この記事を信じるなら、停電の情報も政府対応に引きずられ、公表が遅れたということです。
だとしたら、人災です。

こういう情報は、一分一秒でも早く伝えることが大事なはずです。

こんな状況にもかかわらず、菅直人は現場視察のパフォーマンスをしたがっているそうです。
彼は自分が総責任者だという自覚があるのでしょうか?

菅直人が今すべきことは、現場視察のパフォーマンスではないはずです。
このタイミングで総責任者がウロウロするなんて最悪です。

こんな時期に、彼はなぜ政治的なパフォーマンスをしたがるのでしょうか?

擁護の意見もあるようだが…

ネットを見ていると、東電や政府を擁護する意見もあるようです。
非常事態なのだから、混乱するのは仕方が無いという考え方です。

でも、この意見は絶対に正しくありません。

東京電力は社会インフラを提供する特殊な会社です。
その会社が、「供給不足になったときのことを考えていませんでした」で通るはずがないのです。

供給不足になったときの対処法は、事前に用意されているべきです。

停電という選択を取るのなら、その計画にのっとって粛々と行われるべきなのです。
そもそも、今回のような混乱などしてはいけません。

危機管理の準備が出来ない人たちが、インフラ提供なんてしてはいけないはずです。

まあ、過去に必要な計画が無かった事を今非難しても仕方が無いでしょう。
東電は今からでも混乱の少ない停電計画を立て直して欲しいものです。

政治家に関しては、特に語る必要は無いでしょう。

人災が広がる可能性も

もちろん、私達一人一人が節電や停電に協力するのは当然です。
でも、だからといって、行き当たりばったりの計画を押し付けて良いはずは有りません。

情報提供を早くする。
混乱回避のための検討をする。

こういう姿が見られないと、停電を受け入れ続けることは難しいでしょう。
短くても1ヶ月半に及ぶ先の長い話なのですから。

市民の納得が無いと、長期に協力するのは難しくなってくると思われます。

さらに、この無計画な停電が、企業の倒産や従業員の失業に繋がる可能性も高いでしょう。

停電の時間を事前に予告されないと、大型の商業施設を運営することは難しくなります。
そうなれば、経営にかなりの影響が出るはずです。

店を開けられないのですから、売上不振で倒産する企業が出ても、驚きません。

非常事態だから、我慢するのは当然でしょう。
でも、そういったものとは、違った種類の問題が存在するのです。

政府は停電による中小企業の業績悪化に備え、繋ぎ融資などを可能にするべきです。
しかし、未だにそういった話は聞かれません。

政府内のどこかの部署で、セーフティーネットや復興計画の検討はされているのでしょうか?

早めに手を打たないと、不安なムードが広がる可能性が高いように思います。
社会不安にも繋がりかねません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。