このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

地震の後、なぜか円高

今回の地震の後のマーケットの動きで、予想外だったのが為替です。
具体的に言うと、地震発生後に円高に振れました。

個人的には、地震により日本経済に対する不安が高まって、円安に振れるとばかり思っていました。
なので、かなり意外に感じました。

ちなみに、円は他の通貨に対しても高くなっているようです。

■ NY外為(11日):円は対ドルで大幅高-地震に伴う円需要見込む (1)
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920014&sid=aKfq7g85LP8U

記事の中では、円高の原因は次のように説明されています。

東北大地震により保険会社などが損害補償を支払うために円を買い戻すとの観測が強まった。

保険会社が円での支払いを増やすことが予想されるので、短期的には円が値上がりする。
だから、今のうちに円を持っておこうということのようです。

言われてみると、分からなくもないですけどね。
それでも、日本経済の先行き不安で売る人はいなかったのでしょうかねえ?

また、地震からの復興のために財政出動があれば、当然円安要因のはずです。
そして、財政出動はかなりの規模であるでしょう。

それなのに?

為替は分からんなあ。

阪神淡路大震災では

ちなみに、阪神淡路大震災のときも円高になったそうです。
しかも、かなり大きく上がりました。

大きな自然災害があると、その国の通貨は値上がりするものなのでしょうかねえ?
もちろん、被害にあった国が復興できるという条件付ではありましょうが。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。