このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

自動車を守る手立てはあるのか?

東北を中心とした東日本の大地震では、地震以上に津波が大きな被害を引き起こしました。
そのとき、津波は様々なものを流していきました。

津波が流した物の中には、自動車や家屋すらも含まれます。
通常では動かす事すら難しいものを、軽々と運んでいったのです。

個人が所有する財産で、金額的に考えて特に大きいのが家屋と自動車です。
このページでは、自動車についてどう守るのか考えてみたいと思います。

地震保険は自動車を守ってくれない

家屋の災害については、地震保険を使うことが出来ます。
前のページで書いたように、地震保険は完全ではありませんが、一定の役割を果たします

しかし、自動車については、地震保険は守ってくれません。

地震保険は家屋だけではなく、家財についても補償されています。
でも、自動車については対象外なのです。

自動車保険の車両保険も対象外

自動車に対する保険というと、自動車保険を思い浮かべる人が多いでしょう。
全ての車は自賠責保険に入らないといけませんから、補償の程度の差はあるとは言え、公道を走る車は何らかの保険に入っていることになります。

ただ、この自動車保険も、地震や津波に対してはあまり役に立ちません。

車の破損や盗難などを補償してもらうには、自動車保険の中でも車両保険という保険に入る必要があります。
しかし、この車両保険も、地震や津波は対象外としているのです。

地震・津波でも補償する車両保険もあることはある

さて、自動車については、地震・津波についてなす術が無いかというと、必ずしもそんなことはありません。
地震・津波でも補償される車両保険の特約もあるのです。

現時点では、これらの保険を利用するしかないようです。

ただ、保険会社としても積極的に勧誘しているわけではないようです。
自分から積極的に問い合わせないといけないと思います。

この特約は、それほど高くは無いようです。
気になる方は、自動車保険を選ぶ際に、保険会社に聞いてみるようにしましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。