このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

地震保険はどこまで助けてくれる?

地震になったときに助けになるものとして、先ず思いつくのが地震保険です。
この地震保険で、私達の家屋や家財はどの程度守られるのでしょうか?

そして、大規模な地震があっても、保険金は支払われるのでしょうか?
損保会社が倒産し、保険金が支払われないというようなことも心配されます。

十分に補償されているとはいえない

まず重要な点は、仮に地震保険に入っていたとしても、100%は補償されないと言う事です。

地震保険は単独では入ることが出来ない保険です。
かならず、火災保険の特約としてしか入ることができません。

そして、地震保険は火災保険の30%~50%の範囲で補償と決まっています。

http://www.mof.go.jp/jouhou/seisaku/jisin.htm

通常、火災保険の保険金は、建物の価格とイコールにするものです。
ですから、どんなに保険金が出ても、半分しかお金がでないわけです。

お金が出ることは助かりますが、これだけで救われるということにはなりません。

自動車は助けてくれない

ちなみに、地震保険は家財も対象です。
生活必需品については、地震保険がある程度守ってくれます。

しかし、自動車はこの対象ではないのです。
車は家財では無いということでしょう。

車が必要だから買い換えるというような場合も、地震保険はあてにならないわけです。

生活のための建物のみが対象

地震保険の特徴としては、生活のための建物を対象としているという点も重要です。
つまり、商業施設のようなものは、地震保険の対象になりません。

○ 居住の用に供する建物および家財(生活用動産)。
 以下のものは対象外となります。
 工場、事務所専用の建物など住居として使用されない建物…

損害保険会社が倒産しても地震保険は大丈夫

地震保険の特徴として大事なのは、政府による再保険があるということです。
再保険というのは、簡単に言うと保険の保険です。

今回のような大きな地震の場合など、民間では対応しきれないようなケースでも、お金が払われないということはありません。
この点は安心して良い点だと思います。

まとめます

地震保険について簡単にまとめると、次のような事が言えます。

・地震保険は火災保険の特約としてしか入れない
・地震保険の金額については十分とはいえない
・地震保険が補償しているのは建物と家財
・地震保険は工場や事務所は対象外
・地震保険は自動車は対象外
・地震保険は政府が再保障しているから安心

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格を取る必要は無いと思いますけどね。

率直に言って、これだけで十分とは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。