このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

年金改革をする気は無いみたいだね

菅首相が年金改革の民主党案を大幅に修正することを示唆したようだ。
今後の行方は議論次第ですが、年金改革はしない方向のようだ。

年金改革、民主案を大幅修正=税方式、一元化見送り-首相示唆・衆院予算委
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011020200072

民主党政権発足前に多少なりとも期待していたのが、公務員制度改革と年金改革の2つだ。
この2つだけは筋がいいものだった。
他の政策は全く納得できないものが多いのだが。

年金問題に関しては、「国民年金の保険料未払いなどに対応できる」「将来年金をもらえる人がいなくなる」などの点が優れた案がある。
結果的に、増税につながる可能性もあるが、理にかなう増税だと言えるだろう。

でも、年金問題に関しては、完全に後回しのようだ。
どう考えても、やる気があるようには見えない。

思い起こしてみれば、民主党政権としての最初の厚生労働大臣はミスター年金と言われた人だった。
それなりに力を入れたつもりだったのだろう。

しかし、結果的に何も出来なかった。

農業の所得保障とか、子供手当てとか、高速道路無料とか、優先順位が低いものには力を入れるのに。
結局、目先の人気取りにしか興味が無いのかなあ?

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。