このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

生命保険の見直しをしよう!面倒くさいなんていっていると損するよ

「あなは生命保険に高い保険料を払いすぎていませんか?」

あなたはこの問いに自信を持ってと答えられるだろうか?

答えられなかったと言う人も安心して欲しい。
ほとんどの人が自分の払っている保険料が適正なものかどうか分かっていないのだから。

一般的に言うと、生命保険の保険料は高すぎる可能性が高いだろう。
これは他の先進国と比べてみれば一目瞭然である。
日本人は保険に入りすぎだ。

そもそも、いくら払っているかすら定かでは無いという人だっているだろう。
毎月の引き落としなので、意識すらしなくなっているのだ。

そんな人も、自分の入っている保険の保険料が適切なものか考えてみて欲しい。
なぜなら、生命保険は非常に高額な商品だからだ。
高価な商品は少しの節約でも大きな効果をうみだす可能性がある。

そして、生命保険は必要以上に高い保険料を払っている人が多い商品でもある。
ちょっとした見直しで、保険料をかなり減らせる可能性があるのだ。

生命保険はびっくりするほどの高額商品

「生命保険は人生の中で最も高額な買い物の一つだ。」

こう書かれても、今ひとつピンとこないだろう。
それでは、次のように書いたらどうだろう?

「生命保険は家やマンションの次に高額な買い物だ。」

これなら、少しはイメージしやすくなるだろうか?

こんなふうに書くと、大げさに書いているのではないかと思う人もいるだろう。

しかし、これはまぎれも無い事実だ。
平均的な日本人は、トータルで考えると、生涯に一千万円以上の保険料を払っているのだ。

具体的に計算してみよう

イメージしやすいように、少し具体的に考えてみよう。

例えば、あなたが30歳から60歳まで毎月1万円の保険料を払い続けたとしよう。
そうすると、生命保険の保険料として合計で360万円はらうことになる。
車一台分以上の値段だ。

月々の保険料が2万円なら720万円、月々3万円なら1,080万円…。
生涯ではかなりの額になることが分かるだろう。

少し古いデータだが、一世帯あたりの生命保険保険料の平均は年間で52万6千円なのだそうだ。
月々およそ4万円払っている計算になる。

保険の支払い期間を30年とすると、合計で1,578万円になる。
家を買わない人なら、最も高い商品と言えそうだ。

1,500万円あれば、ワンルームマンションを買って人に貸すことも出来る。
あるいは、中古マンションを買って自分達で住むことだってできる。
老後のためにこれだけ蓄えておけば、老後の暮らしはかなり楽になるだろう。

生命保険は高価な買い物であるというイメージを掴んでいただけただろうか?

高額商品だから無駄を削ると効果が大きい

このように、生命保険に入るのは、高額商品を買うのと同じことなのだ。
高額商品ゆえに間違った選択をしてしまうと、数百万円単位で余分なお金を払う可能性がある。
だから、選ぶときは慎重に選ばないといけない。

ただ、裏を返すと、生命保険の保険料は大きな節約の可能性を秘めているとも言える。

合計で1,500万円もする商品であるということは、1割引で買えば150万円浮く。
2割引で買えれば、300万円も節約できる。

他の商品の事を考えれば、この程度の値引きが可能なのは分かるはずだ。
スーパーに行けばこの程度の割引はよくやっているし、車や家電だって交渉次第で安く買える場合がある。

生命保険を見直すことで、大きな節約につながる可能性があるのだ。

この見直しは早ければ早いほうが良い。
毎月払っている保険料だから、早い段階で見直せば当然節約額が大きくなる。

一度入ってしまった生命保険だからといって、あきらめてはいけない。
少しでも早く見直すべきだ。

保険料を下げても心配要らない

「安い保険に入ると保障が下がるのが心配」
こう考える人もいるだろう。

しかし、その心配は必ずしも当たらない。
同じ保障でも保険会社によって、保険料にはかなりのばらつきがあるからだ。

おなじところから仕入れたリンゴでも、スーパーと八百屋では売値はかなり違うだろう。
それと同じだと考えればいい。
保障が同じでも、保険料が大きく違うことはありうるのだ。

保障を下げずに、保険料を安くすることが出来る可能性は十分にある。
保険会社を変えるだけで、安くなるのである。

古くから国内で営業している会社は、保険料を高めに設定している事が多いようだ。
こういう会社の保険に入っている場合は、見直す価値は特に大きい。

無駄な保障は削ってしまおう

そもそも入っている保険の保障が、必要以上に手厚いという場合もあるだろう。

保険会社の営業は、手厚い保険に入れたがる。
あなたの事を思ってという以上に、自分の事を考えて手厚い保険をすすめてくる。

当然のことだが、保障を厚くすれば、値段は高くなる。
ということは、彼らにとっては売上が大きくなると言うことだ。

保険の営業は売上を大きくするのが仕事である。
手厚い保障の商品をすすめるのは当然の事なのだ。

こういう場合は、保障をある程度削っても問題ないはずだ。

「保障を下げるのは何だか心配」
このように感じる人もいるだろう。

なあに、心配は要らない。
必要が無い余分な贅肉を削るだけの話だ。
しかも、上手い対処法がある。

保障が手厚すぎる場合は、適正なものに変更しよう。
こうすることで、ずいぶん節約できる。

生命保険を安く出来ないか相談しよう

問題はこれらの見直しをどうやって行うかだ。

実は良い方法がある。
保険の無料相談を利用すれば良い。

乗合代理店と呼ばれる保険代理店を知っているだろうか?
乗合代理店というのは、複数の保険会社と提携している保険代理店の事を言う。

一つの代理店がソニー、アフラック、アリコと言った具合に、複数を掛け持ちして取り扱うのだ。
これらの代理店は無料で相談に乗ってくれるサービスがある。

彼らは自分達が提携している保険会社の中から、保障を下げずに保険料が安くなるオプションを提示してくれるだろう。
専門家に相談できるので、これを利用すれば、保険を削る不安も解消できるのも大きい。

さて、乗合代理店はどこで見つければいいのだろうか?

実はこれにも良い方法がある。
ネットには乗合代理店を紹介するサービスがあるのだ。

こういったサービスを使うと、自分の家や職場の近くの乗合代理店を紹介しててもらうことができるのだ。
保険マンモス」が有名だろう。

見直し自体にはお金はかからない。
節約のために一歩踏み出してみようではないか。


===>保険マンモスで生命保険の見直しをしよう

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。