このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

不謹慎だけど… タイガーマスク運動のビジネス利用

タイガーマスク運動が、注目されているようです。ランドセルなどを買って、児童養護施設に送り届けるという運動ですね。

ちょっと不謹慎ですが、この運動をビジネス利用する方法を思いつきました。

まあ、しゃれだと思って読んでください。

テレビに商品が映し出される

この運動をビジネスで有効に使うには、広告効果を狙うのが最も効果的でしょう。

ランドセルなどが送られると、ニュース番組では商品の映像つきで取り扱うようです。送られてきた商品を一定時間映し出すのです。

ということは、自作自演すれば全国的に自社製品が紹介されるんじゃないでしょうか?メーカーからしてみると、この広告効果はかなり大きいでしょう。

例えばこんな感じ。

ランドセルメーカーの社員が、自社製品を小売店で購入します。そして、その商品を児童養護施設に送ります。

そうすると、児童養護施設などからマスコミに寄付があったと連絡が行きます。うまくいくと、自社製品のランドセルが、一定時間テレビに映し出されるのです。

しかも、CMとしてではなく、ニュースの中で扱われます。これが大きいのです。

CMの場合、消費者は何かの売込みであると警戒してみるものです。しかし、ニュースの一部であれば、売り込みくささは全くありません。

ビジネス的な価値としては、CM以上に大きいと思われます。

さらに、送り主が匿名であるのも大きいでしょうね。自作自演であることは誰にも気づかれませんから。

ランドセル以外が狙い目かな

報道で見る限り、ランドセルはかなりの数送られているようです。ランドセルがテレビに映し出される可能性は、あまり高くなさそうですね。

多分、違う商品にした方が、取り上げれれる可能性が高いと思われます。

子供服なんてどうかなあ。ブランドロゴが大きい服がテレビに映ったら、効果が大きいかもしれませんね。

タイガーマスクはちょっと飽きられているから、違う人を名乗った方が価値があるかもしれませんね。なにか違う正義の味方で。

うまいこと取り上げられれば、かなりの効果があるはずです。意図的にやるとしたら、不謹慎ですけどね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。