このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

嘘と就活 学生は追い込まれている

日経の就職活動サイトで、ショッキングな記事を見つけました。世の中綺麗事だけでは無いと思います。でも、学生にこんなことを勧めて良いのという内容でした。

記事のタイトルは「就活で嘘はどこまでついていいのか 」というものです。記事の中では、就職活動で嘘をつくことが有効かどうかなどが議論されていました。

就活で嘘はどこまでついていいのか │シューカツの補助線
http://college.nikkei.co.jp/trend/hojo/article.aspx?id=MMCCzd000024122010

嘘をつくといっても、もちろん、在学中の学校名や年齢はごまかす事はできません。おそらく在学中の活動や、仕事に対する考え方に関する部分だと思います。まあ、そう考えると、かわいい嘘ではあると思いますけどね。でも、人を欺けと言っている感じは、ちょっと好きではないですね。

何れにしても、こんな記事が書かれるからには、それなりの背景があるのでしょう。多分、嘘をつかないと就職できないという意識が、学生の中にあるのでしょうね。

もちろん、そんなことを考えているのは全ての学生ではないでしょう。ただ、記事になるからには、一部はそう感じていると考えるのが自然でしょう。

そうでなければ、こんな記事は誰の関心も呼びません。記者だって記事を書こうとは思わないはずです。

就職の厳しさが伝わる

こういう事態は、求人数が多い時代には起こりにくいですよね。バブル期なんて、どんな馬鹿でも大学生と言うだけで就職が出来ましたから。

もちろんそういう時期でも、少しでも良い条件で就職しようと思っていい加減な事を言う人はいるはずです。でも、積極的に嘘をつこうという学生は少ないはずですよね。

そもそも、嘘などつかなくても就職できる確率が高いのですから。

何にしても、これから就職する会社の人間に嘘をつくのはあまりお勧めできません。嘘をついて就職しても、その後の人間関係が難しくなるですから。はっきり言って、居心地が悪いはずです。

もちろんそんなことは、学生って分かっているでしょう。学生がそれだけ追い詰められているということなのでしょうね。

やだやだ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。