このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

賃貸の方がお得と専門家…断言しちゃって大丈夫?

持ち家を購入するか、賃貸で済ませるかは、家計の中で最大の問題の一つと言って良いでしょう。一般的には住宅の購入は人生で最大の買い物ですからね。

これに関して、週刊誌の記事に、賃貸の方が得だとするものがありました。

■ 賃貸住宅の方が持ち家より30年で2000万円トクと専門家断言
http://www.news-postseven.com/archives/20101203_7069.html

不動産投資の有利不利は、それほど簡単な話ではない

賃貸か持ち家かという問題に関しては、色々な意見があるようです。

そもそも、有利不利という話以前に、価値観の問題もありますよね。仮に資産と言う意味で不利だとしても持ち家が良いという人もいるでしょう。全く逆に、有利不利に関わらず賃貸が良いという人もいるでしょうしね。

また、金銭的な有利不利という意味でも議論は複雑です。新築か中古で話はぜんぜん違うでしょう。マンションか戸建かでも結論は違ってくるはずです。

さらに言うと、住宅の資産価値以外の金銭的な要素も絡んできます。例えば持ち家なら、生命保険を減らしたり止めたりできるという隠れたメリットもあります。老後の人生設計も持ち家なら楽になるでしょう。

このように、色々と複雑な要素があるのです。

中古マンションなら買っても言いと思うんだけどなあ

私個人としては家を買うのはアリだと思っています。特に、中古の集合住宅は価値が高いと思っています。要するに中古マンションですね。

マンションは数年でかなり値崩れをします。でも、数年立った所でマンションの実質的な価値は変わりませんよね。ただ売却がしづらくなると言うだけです。ですから、このタイミングでマンションを買うと、賃貸との比較で有利になることが多いのです。

ですから逆に言うと、新築の戸建を買うと考えると、記事に出てくる専門家の言うことも一理あるのかもしれません。個別にシミュレーションしてみる必要があるでしょう。

少なくとも、どちらが有利などと、軽々しく言える話ではないように思います。

記事の理屈がちょっとおかしい

さて、この記事にはロジックがちょっとおかしいと思われる部分があります。

次の部分です。

また、持ち家にしてしまうと、ローン返済に加えて、毎年の固定資産税や管理・修繕などの維持費が余計にかかる。

紀平氏の試算によれば、30年間これらの出費を払い続けた場合、賃貸暮らしと比べて、平均して2000万円程度多く出費することになるという。つまり、賃貸を選べば、その2000万円を貯蓄や資産運用に回せるのだ。

一見もっともなことが書かれているようにも見えます。でも、落ち着いて考えるとやっぱりおかしくないですか。固定資産税やら管理・修繕費やらは、本来、家賃に上乗せされているはずなんですよね。だって、そうしないと、大家は赤字を垂れ流すことになってしまいますから。

経営の常識から考えると、これらのコストや大家の利益を上乗せして家賃設定をしていると考えるのが自然でしょう。記事の中の専門家さんの言うことが正しければ、大家は借主に代わって固定資産税や修繕費を負担してあげるよっぽどお人よしだということになります。あるいは、借り手がいなくて困り果てている状態なのか。

まあ、「試算」は条件をどのように設定するかで結論は大分変わってきますからね。どういう結果が出てもそれほど驚きませんけどね。

持ち家か賃貸かという問題で大事なのは、住宅の購入が損か得かは購入する物件によって違うという点です。購入する物件によっては持ち家の方が不利ということも起こりうるとは思います。

そういうものだと思っておくのが良いでしょう。簡単にどちらが有利不利なんていえるものではないはずなのです。

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格を取る必要は無いと思いますけどね。

率直に言って、これだけで十分とは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。